夢のまた夢、介護食 迷々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東尋坊にて

<<   作成日時 : 2011/05/28 12:41   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

26・27日と息子の世話になっている<あしたの会自然の家>の毎年恒例の親睦旅行でした。

バス3台連ねて、入所生親子と職員ですから100人規模の団体御一行様です。

行先は、福井・石川 雨を覚悟の旅行でしたが・・・幸いに雨の切れ目に入って、雨具の世話にならずに済みました。

越前竹人形の里
画像

芝政ワールド(遊園地)  山代温泉・ゆのくに天祥で泊
画像


二日目は、日本元気劇場
画像

そして・・東尋坊
画像



柱状節理の岸壁の景勝地、
画像
ありがたくないもう一つの名所・・・自殺の名所
東尋坊の食堂で昼食、
なにやら外が騒がしい、救急車・消防車のサイレンが
画像


はて?と思って出てゆくと・・・海上にはヘリコプターが旋回

東尋坊の岸壁の先に警察官やら、レスキュー隊の姿が・・

<事故?・それとも訓練?>

と、思っていたら・・どうやら女性が飛び込んだらしい・・・って

ヘリコプターからロープで隊員が降りてゆく

やがて・・・隊員二人に支えられた人がヘリコプターに吊り上げられていった。
画像


ヘリはそのまま病院へ直行・・・どうやら無事だったらしいけど、


とんでもない時に遭遇してしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
東尋坊の旅、とんでもない遭遇でしたね。
絶壁からとても下を見るのは震えます。
折角のいのち・生きたいと思ってなくなられた東北の方のことを思うと、切なくなります。
和歌山にも白浜の三段壁・・知り合いが寸前で思いとどまれ、助けられたこと・・ふっと思い出しました。
人が生きるにはそれほどの苦しみがあるのですね。
やろい
2011/05/28 20:30
昔、10代の終わり頃、訪れた事がある東尋坊。
いろんな悩みがあるでしょうが、何とか生きて行って欲しいと思います。
あんこ姫
2011/05/29 15:29
やろいさま
あの岸壁から海を見下ろしていると、吸い込まれそうな気がします。
ちょうど海が静かで、救助活動もスムーズだったようです。ともあれ、助かった様子でホッとしました。
蝸牛
2011/05/29 20:39
あんこ姫さま
びっくりでしたが、周辺のお店の人たちは慣れっこになっている様子でした。
何があっても、命ある間は、生きて行かなくてはいけないと思いますね!
蝸牛
2011/05/29 20:48
やっぱり東尋坊は 自殺の名所なんですね〜。
一度行ってみたいと思っていますが いまだ実現しておりません。
私の勤めている福祉会も 一泊旅行がありますが 職員と入所者だけで 保護者の方は 行かないようです。
私は 旅行には行ったこと ないのですが いろんな行事には参加しますよ。
歌手並みに歌のじょうずな人がいて とても楽しめます。
あさがお
2011/05/29 22:10
あさがおさま
曇空ながら、とても波の静かな日でした。
今のところ親たちも元気なので、一緒に・・
職員さんたちとお話ができる良い機会になっています
蝸牛
2011/05/30 06:50
蝸牛さんへ
お早うございます。毎年金沢へお墓参りに出かけますが東尋坊はその帰りに良く行きました。女の人、落ちたのでしょうか、飛び込んだのでしょうか。竹人形の里も懐かしいです。
ひょうすけ
2011/06/02 04:17
ひょうすけさま
竹人形の里、竹細工もしてみたくなりました。
東尋坊では、本当にびっくり((((;゚Д゚))))でした。
ドラマの世界じゃあるまいに・・・
蝸牛
2011/06/03 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
東尋坊にて 夢のまた夢、介護食 迷々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる