夢のまた夢、介護食 迷々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 面白うてやがて悲しき鵜飼かな・芭蕉

<<   作成日時 : 2009/07/05 22:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

3日(金)、長良川の鵜飼、十数年ぶりに鵜飼観覧船に乗りました。
画像

東京から友人夫婦が遊びに来てくれたので、それではと・・鵜飼船を予約
始まる頃に、あいにくの雨にはなりましたが、篝火の幽玄の世界を楽しめました。
画像

終わりには、すぐ横に鵜船の一艘がついて、鵜を引き上げる様子までしっかり見ることが出来ました。
鵜の鳴き声も聞こえてきます。
画像

雨の夜で携帯での画像なので・・・いまいちの写真ばかりですが・・・

http://www.ukai-gifucity.jp/ukai/
全国各地に鵜飼があるようですが、長良川の鵜飼いは、1300年の昔の記録が残っているとか、
岐阜の鵜匠は、国家公務員、正しくは『宮内庁式部職』に属し、
六人の鵜匠が世襲によって、受け継がれているそうです。
とは言っても、それで生活が成り立つわけではなさそうですが・・・・

平日だったこともあり、乗合船でしたが、満席ではなくゆったり見ることができました。

身近でこう云うモノがあっても、地元の人間はなかなか観に行く機会が無いものです。

以前見たのがもう10年ほど前、やはり実家の兄姉たちが遊びに来てくれた時でした。
そういえば・・あの時は・・・
鵜飼開始の待ち時間、河原に舟を寄せて、渡り板で河原に降りられるようにしてあるのを・・・
板を渡りそこねて、川のなかへ・・・浅い場所とは云え、Jパンの裾が水浸し、やっちゃったんだった!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
鵜飼を見にいかれたのですね。
岐阜の鵜飼は元祖ですものね。
京都の嵐山でもやっているのですが・・・写真にするのは、松明の明りと鵜笙の手元など私などには写せません。
ケイタイでこんなにもよく撮れるのですね。
Tatehiko
2009/07/06 08:10
Tatehikoさま
嵐山や宇治の鵜飼も有名ですね!
岐阜の鵜飼も一時期低迷していましたが・・最近持ち直してきたようです。
蝸牛
2009/07/06 17:34
長良川の鵜飼は知っていても、船での観覧はしたことがありません。
東京から来られた方々にとって、幽玄な鵜飼見物は珍しく映ったことでしょうね。
地元の方にとっては、友人と一緒に楽しめるこんな機会じゃないと足を運ばないかもしれませんね。
百合香
2009/07/08 15:39
篝火が川面に映えて、幻想的な光景ですね☆^^
mikomai
2009/07/09 12:33
百合香さま
雨に祟られましたが・・久しぶりに楽しめました。
お客様が来た時には丁度いいイベントです。

mikomaiさま
たまには、鵜飼も良いものです。篝火の火の粉が綺麗でした。
蝸牛
2009/07/10 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
面白うてやがて悲しき鵜飼かな・芭蕉 夢のまた夢、介護食 迷々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる