夢のまた夢、介護食 迷々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 作品?いろいろ

<<   作成日時 : 2009/06/28 09:13   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

ここしばらく、陶芸教室で<正倉院文様にこだわって>細かい作業をつづけていました。 おまけにお休みしなければならない日が多く、なかなか出来あがらなくて・・・・・・
画像

方形、黒化粧土掻き落とし。鳳凰・唐草文花器

持ち手の部分に、帯締めを巻きつけて、華やかなものになりました。
画像

続けて仕上げたのが、同じく 黒化粧土掻き落としで
三段重ね小鉢;花鳥文
画像
画像


片や・・・時代劇パフォーマンス集団「笑撃武芸団」http://syogeki.com/の面々に頼まれた、衣裳・・・・・・
画像

以前やった花魁道中の衣裳は、すべて借りものゆえに、自前が欲しい・・のは解るけど・・
まな板帯・・「何とかなりませんか?、らしくで良いので〜〜」って
サテンの生地の裏に、キルト綿を付けて、錦地の端切れや、帯の端切れを掻き集めて、作ってみました。
画像

飾り房は、カーテン止めで代用です。
見栄えの割には・・安い材料を掻き集めたので・・材料費は数千円・・
画像

金の紐房も・・・手芸品店で編みひものクラフト用の金を買ってきて暖簾状に並べて。
もう一つは、
<裃>・・・・な、無茶なと云いながら、現物を見せて貰って・・
なんとか、かたちに   面白い経験させて貰っています。
画像


昨夜、大阪のイベント<侍カフェ>で、早速使ってくれていましたが・・ちょっと長すぎた??
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
正倉院文様…唐花文(とうかもん)花鳥文(かちょうもん)なのですね(もちろんネット調べ)
重厚な器で、手作りの温かみが伝わります。

久しぶりの笑撃武芸団の記事で、相変わらずアイデア豊かに衣装を作って差し上げているご様子…きっと、たのもしいお母さんってとこなのでしょう


百合香
2009/06/28 10:08
蝸牛さんへ
お早うございます。いやぁー陶芸から裃まで、すごいですね。色々なご趣味?お仕事?に脱帽です。それも創意工夫されてて蝸牛さんの豊かな才能に感服しています。ちょっと長すぎた?裃がですか?真ん中の人のピッタリだと思いますよ。
ひょうすけ
2009/06/30 02:01
百合香さま
衣装作りは<もどき>だから何とか為っているので、
和裁は中学の頃、浴衣を縫った経験だけなので、冷汗ものです。
蝸牛
2009/06/30 16:06
ひょうすけさま
写真には裾が写っていませんので・・(汗)
床を摺って歩いていました。
蝸牛
2009/06/30 16:08
正倉院文様というのですね。
言葉から勝手に判断しているド素人ですが・・・黒い化粧土を掻き落とすことで模様を描いていくと言う手法ですか?
多忙な毎日のなかでこれだけのことをされるのですから驚きです。腕もさることながらその気力には敬服の一語ですね。
Tatehiko
2009/07/01 17:05
Tatehikoさま
はい!削って文様をっ彫り込んでゆきます、根気仕事ですが。。クセになる。これに集中する1〜2時間は他の事は忘れられる時間なので・・日常を忘れるために、こんな世界に逃げ込むのです。
蝸牛
2009/07/02 02:06
本当に細かい作業なのですね。手先の器用な方が羨ましいです。花器という事は何か活けたりするのかしら?
小鉢もお料理が映えていいですね。私が草むしりや花の手入れが好きなのは蝸牛さんと同じ理由かもしれません。笑撃武芸団ちょっと面白そうですね。
あんこ姫
2009/07/02 17:02
あんこ姫さま
肩こり仕事なのですけどね〜〜癖になると云うか・・
終わるとまた、やりたくなるんです。
笑撃さんの衣装も一緒かも知れません。
蝸牛
2009/07/03 15:11
こんばんは♪
お久しぶりでございます。正倉院文様は、作業がさぞ大変でしたでしょうね、見事な出来栄えだと思います。
お身体のほう、くれぐれもお大事に。。。
mikomai
2009/07/03 22:22
mikomaiさま
ありがとうございます。
なかなか進まない作業でしたが、終わると今度は何しよう〜〜って思ってしまうのです。
正倉院や、奈良の寺社のモチーフには魅惑的な物が多いです。
蝸牛
2009/07/04 09:15
今晩は。
素晴しい発想ですね。
まず花魁道中の衣裳の出来映えにビックリしました。
素的です。
正倉院文様・・帯締めが優雅さを引き立てましたね。
素的な花器に小鉢・
お手元で使えることが嬉しい事ですね。

やろい
2009/07/04 20:04
花器の帯締め、蔓などを使うと全然違った感じになるでしょうね!
衣裳あれこれ・・和裁はほとんどわからないで作るんですから<めくら蛇に怖じず>ってってとこでしょう
蝸牛
2009/07/05 07:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
作品?いろいろ 夢のまた夢、介護食 迷々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる