夢のまた夢、介護食 迷々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 淡墨桜

<<   作成日時 : 2007/04/03 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

あちこち桜が満開となってきました。とは言え花冷えの今日 根尾の淡墨桜へ出かけました。
画像


今年は例年より早い開花となりましたが、淡墨桜は今日は5分咲き
薄墨色の白っぽい花の淡墨桜ですが、咲き始めは淡いピンクの花でした。
画像

樹齢1550年というこの桜、毎年この桜に会いに行くのですが・・・・
年々、添木が増えていくようで、その姿は杖にすがっている老婆のようでもあります。
20数年前、初めて此処を訪れたときは、民家の裏の田圃の真ん中にぽつねんと佇んでいました。
多くの人の手によって蘇ったこの桜を見るために、今は 遠くから大勢の人が訪れるようになりました。 真ん中が空洞となり、もはや自力では立っていられないこの桜、毎年花をつける自然の逞しさを感じる一方で、無理やり花を咲かされているようで・・・哀れな気もするのです。

桜の木の傍らの観音堂、太子堂、普段は閉じられたお堂も今日は開かれていました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
もっと土作りをしないとだめでしょうね。
sakuragipo
2007/04/03 23:25
蝸牛さんへ
お早うございます。もう行かれたのですね。残念!私が行った時お逢いできるかと楽しみにしていたのに!(美人を見る口実がなくなりました。)樹齢800年ですか。表札では1500年と書いてありましたが?貴女のこの桜に対するお気持ち、全く同感です。
ひょうすけ
2007/04/04 05:32
ひょうすけ様
何を書いていたのでしょう、樹齢1550年ですね。
継体天皇が植えていったと言うのですから・・・・
半分寝ぼけ眼で書いていたので(汗)
訂正しておきます。
蝸牛
2007/04/04 07:10
sakuragipoさま
その木の持っている力の違いなのでしょうか、本体の淡墨桜より、子・孫と増やされた若木の方が花の色が鮮やかなようでした。
蝸牛
2007/04/04 07:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
淡墨桜 夢のまた夢、介護食 迷々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる