テーマ:

巳年の今年は・・・・

正月もすぎて、そろそろ日常が戻ってきたようですが・・・・ 遅ればせながら、皆様、良い新年をお迎えのこととお祝い申し上げます。 今年の干支の縮緬細工、ハマグリとシジミを重ねてみました。 今朝の冷え込みはマイナス4度。最高気温も4度の寒さ、まもなく寒の入とは言うものの今年の寒さは身にしみます。 大晦日の朝、東京の実家…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

自然の家の大旅行

毎年恒例の、あしたの会・自然の家の旅行。24・25日一泊旅行です 今年は<リニア・鉄道館><ラグーナ蒲郡><メロンがり><お魚広場でお買い物> 入所生とその家族、職員でバス3台がほぼ満席の大世帯、 夕飯宴会も誰がどこにいるのやら・・の広さで 新人の職員さんの、仮装ステージが恒例になりました。男性職員も女装で・・・…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

金環食の日によせて

毎年、初夏の恒例行事、息子が世話になっている障害者施設<自然の家>で親達で草取りです。 今年はいつまでも寒かったので、草の伸び方も例年より少ないようでしたが、それでも、日に日に雑草は伸びてます。 広い施設内ですが、みんなで一斉に草取りをしたら、一時間半程で、軽トラックいっぱいに。大勢の力というのはすごいものです。 草取…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東尋坊にて

26・27日と息子の世話になっている<あしたの会自然の家>の毎年恒例の親睦旅行でした。 バス3台連ねて、入所生親子と職員ですから100人規模の団体御一行様です。 行先は、福井・石川 雨を覚悟の旅行でしたが・・・幸いに雨の切れ目に入って、雨具の世話にならずに済みました。 越前竹人形の里 芝政ワールド(遊園地)  山代温…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

連休を過ぎて

ゴールデンウィーク終盤、6日の<立夏>も過ぎて、初夏の気配が色濃くなってきました。 野山はすっかり新緑の装いにかわり、蛙の声が聞こえ始め、山際では<藤の花>や<なんじゃもんじゃ>が真っ白で華やかです。 我が家の庭は今が一番華やかな時、新緑と赤芽の二本のモミジ ドウダンツツジがまっ白です。 連休の一日、5月2日、良い御天気…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

大寒をすぎて

数日来の雪がまだまだ消えきらないまま、<大寒>がすぎました。 寒さも絶頂期となる時期ですが、蝋梅が咲き、早い梅の便りも聞こえ始める頃です。 寒さで散歩嫌いのチビ君は・・・ますますお出かけしたくない。 「散歩行こう!」って声をかけたとたんに<僕、知らない>、そっぽを向いて・・・ 引き綱に替えても、立ち上がらない…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

雨の白川郷合掌村

猛暑の今年ですが、やっと秋の気配がし始めました。 9月16日、自然の家の保護者会の<親睦日帰り旅行> 今年は<飛騨白川郷・荻町> 参加者28名、バスをチャーターしてワイワイガヤガヤ。 女三人寄ればカシマシイ、と云うのに、母親26人・父親2人ですから・・・男性二人は、影が薄いって・・・・ …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

お盆休みに

夏休み、実家に帰って日曜日の朝、 チイ直はまたもや、4時起き・・・寝かせて! 隣の部屋のおばあちゃんを起こしてはいけないし・・・で 早朝散歩 近所の小学校の<夕焼けこやけで日が暮れて・・>の碑 第三日暮里小学校、かってこの小学校に教師として勤めていたのが、この童謡の作者、中村雨紅です。 中村雨紅は、野口雨…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

祇園祭りで、梅雨があけました。

梅雨明けと共に、猛烈な暑さにみまわれて、今からこれでは・・・・先が思いやられます。 荒れ模様で各地に被害の出た梅雨も祇園祭に合わせたように明けました。 コンコンチキチ・コンチキチ・・・16日、山鉾巡行の前日、辻々の山鉾を見て歩きました。 例年の綾傘鉾で<笑撃武踊団>の奉納パフォーマンス。 今年は新作≪龍神伝説≫ 綾…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

梅雨の頃

21日は夏至、一年で一番昼が長く・夜が短い日。 『夏至ゆうべ 地軸の軋む 音少し』悟朗句 梅雨のさなかの蒸し暑い宵 寝苦しい夜でした。 この季節、茗荷の葉で団子餅をくるんだお菓子が作られます。そら豆の実を潰して餡にした<みょうがぼち>と呼ばれる素朴な餅菓子です。 かつては、家庭で作るお菓子でしたが、近頃はあまり家庭では作…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

梅雨も近づいて

あっという間に6月、水無月です。 気がつけば、カシワバアジサイの花も咲き始めました。 隣には、ユキの下の小さなウサギさんのような花が開いています。 五月の連休が過ぎたころから・・・・・一気にあれこれ、公私ともに出てくる出てくる・・・いろんなことが・・・・ 一番のびっくりは、白アリ事件 別棟になっている風呂場と物置なので…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ゴールデンウィーク

五月の声を聞いた途端、よい天気、一気に初夏の気配です。 GW、2日の日曜日、安芸の宮島<厳島神社>へ日帰り・・・って無茶な! 朝6時に家を出て、岐阜羽島から広島行きひかり号、山陽線で<宮島口>へ、フェリーに乗って 10時前に、宮島に着いておりました。 さすがGW、朝から結構な人出です。 それでも、ゆっくりと海の上の大鳥…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

シルバーウィーク

春のゴールデンウィークに対抗して?シルバーウィークとか。 <敬老の日>がらみなのでしょうが・・・連休騒ぎで<敬老の日>の影が薄かったようです。 秋の行楽日和に高速道路は<1000円>どこも大変な渋滞のニュース 我が家でも息子が連休で帰宅しているので、どこかへ遊びに行こうと虎視眈眈 休みの日と云うと、5時起きが毎度、一日が長い…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

初秋の京都

日曜日、朝になって・・・行こうか!  9:05.岐阜羽島から新幹線、京都から地下鉄で<蹴上>まで、10時ごろには、南禅寺についていました。 南禅寺三門は石川五右衛門の「絶景かな絶景かな~」で有名なお寺。 テレビドラマや時代劇のロケによくつかわれる場所です。 夫が「まだ行ったことがない」と云うので、出かけたのですが・・・・…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

浅草寺ほうずき市

9日・10日は浅草寺のほうずき市でした。この日、お参りをすると四千六百日分の御利益ありとか・・ 東京の実家へ両親の顔を見に、新幹線でとんぼ返りをしました。 五月終わりに、母の調子が悪いと云うので顔を見に行った時よりも、ずっと元気そうで、ホッとしましたが、何せ九十三歳と云う高齢です。できれば月に一度ぐらいは、顔を見に行きたいと…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

面白うてやがて悲しき鵜飼かな・芭蕉

3日(金)、長良川の鵜飼、十数年ぶりに鵜飼観覧船に乗りました。 東京から友人夫婦が遊びに来てくれたので、それではと・・鵜飼船を予約 始まる頃に、あいにくの雨にはなりましたが、篝火の幽玄の世界を楽しめました。 終わりには、すぐ横に鵜船の一艘がついて、鵜を引き上げる様子までしっかり見ることが出来ました。 鵜の鳴き声も聞こえてきま…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

腱鞘炎・バネ指

雨の降りそうな旅行のあと、疲れの取りきれない日曜日、あしたの会の「どんぐり村福祉工場」のバザーでした。 うって変わって、真夏のような好天に恵まれて・・・・和太鼓の演奏もあって賑わいました。 今年もお手伝い・・・・・旅行明けで、今回ばかりは、くたびれ方も半端じゃなく・・ 週明けからダウン・・も…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

羽咋から能登島へ

4日5日は障害者施設、自然の家の年に一度の大旅行。 今年は能登周遊。 ここ数年、雨にたたられた旅行、今年も曇りで心配な出発でしたがどうやら傘を使う事もなく・・・ 千里浜なぎさドライブウェイを走って。 羽咋(はぐい) <コスモアイル羽咋>・宇宙科学博物館 ここはUFOの目撃談の多い処だとか、懐かしいボストークやアポロ宇宙船の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

有松めぐり

うららかな・・と云うより、暑いほどの日曜日 東海道の宿場町、鳴海・有松を訪ねました。 有松鳴海絞りの染め物の産地、染物問屋などの古い町並みの残る有松の町の一角、 土蔵造りの建物も、 その一角にある<有松・鳴海絞会館> 絞り染めの糸括りの作業の実演を見せて下さったのは、88歳のなるという元気なおばあちゃま 「根気仕事やでな…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ひ~らいた、開いた

10日も前から、咲きそうで咲かなかった福寿草が、開きました。 玄関先の大甕に、ネコ柳に春の花。 庭師さんが来て、さっぱりした、庭のツクバイも春らしくなりました。 今年は、二人しか庭師さんが来ず、庭の竹垣も直してもらったので・・・一週間もかかってしまいました。 お掃除前と 終了後 お掃除終わってひと雨降って・・・ ドウダ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

多賀大社

大寒となり、寒さもピークです。そんな寒さの中 蝋梅が咲き始め、木々は春の芽生えの準備をはじめています。 先日19日、滋賀県彦根の多賀大社を訪ねました。 ≪お伊勢参らば お多賀へまいれ お伊勢お多賀の子でござる≫ 八百万の神々の祖神、イザナギ・イザナミを祀るこの神社 月曜日とはいえ、バスを連ねて初詣の参拝客で賑わってい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。 今年もまた よろしくお願いいたします。 元旦は恒例の実家での実家での新年会、大晦日に新幹線で東京に向かいました。 晴天の富士を眺めつつ・・・・ちょっと得した気分です。 元旦の新年会では、両親、兄姉、甥姪、そしてその子供たち、上は93歳から・・・4か月のベビーまで4世代があつまりました。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

忠臣蔵

12月と云うと、<忠臣蔵>がまるで恒例行事のようにドラマに映画に、繰り返し話題になります。 日本人は<赤穂浪士>びいきのようです。 12月14日は赤穂浪士討ち入りの日、とて  高輪の泉岳寺には大勢の人が訪れたことでしょう。 浅野と吉良の確執、吉良のお殿様が圧倒的に悪ものにされているものの・・浅野の殿様もかなり問…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

有楽町で逢いましょ~~

ってえ、歌じゃありませんがね・・・ 7年ぶりに高校のクラス会が銀座のイタリア料理の店でありました。 数十年ぶりで降り立った有楽町駅、 唖然・・・もうすっかりお上りさんですわ~~どっちへ行けばいいの~~ ちょっと歩いたら、見知ったお店を見つけて、ホッ!です。土曜の午後も歩行者天国になっていて人が溢れていました。 担任だ…
トラックバック:4
コメント:11

続きを読むread more

正倉院展

今年の正倉院展も10日で終了しました。 最後の日曜日、奈良へ、 今度はちゃんと正倉院展を観にでかけました。 奈良公園で、鹿さんとあそんで・・ 正倉院展は、入場1時間待ち、中も人が溢れて・・展示の人の肩越しに・・ いつもの事ながら・・すいている時にじっくりと見たいものです。 <螺鈿の鏡><白瑠璃の椀>などはおなじみの品なれど、遥…
トラックバック:8
コメント:12

続きを読むread more

ああ、大和にしあらましかば

<あァ、大和にしあらましかば、いま神無月 うわ葉 散り透く神無備の杜の小路を 暁露に髪濡れて・・・・> 秋の声に誘われて 連休の一日、奈良を散策してきました。 一番のお目当ては・・・新薬師寺の12神将に30数年ぶりに逢いたくて・・・ 新薬師寺ホームページ http://www.k5.dion.ne.jp/~shinyaku…
トラックバック:7
コメント:13

続きを読むread more

下呂・合掌村

久しぶりに、飛騨の鱒釣り場へ行こうとでかけました。去年は7月にでかけました・・・ http://to-yuu10.at.webry.info/200707/article_1.html 気持のよいお気に入りの釣り場ですが・・・・・・・今年はもうおしまい・・営業していませんでした。 せっかく2時間もかけて、ドライブしていったのに、な…
トラックバック:9
コメント:6

続きを読むread more

コンコンチキチ・・・祇園祭

今日は祇園さんの山鉾巡行、テレビで見ながら・・・ 昨日は、宵山の京都へ行ってきました。 祇園祭を見に行くのは初めてのことです。 京都へはよく行くものの・・・混雑する時期・場所は避けるというのが我らが旅のポリシーでありますが・・・ 山鉾を見たいとなれば、そうは言っていられません、 宵山が本格的に始まる6時前には・・四条の地下…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

古墳群

日曜日、午前中出かけられなかったので・・・・どっか連れて行けってうるさいのが一人。 あまり遠出する時間は無し、タウン情報誌に出ていた、池田町の熊野神社と古墳群へ出かけてみました。 熊野神社は、池田の庄二十一ヶ村の総社、承平の頃にはあったといいますから、平安時代以前までさかのぼるという古い神社です。 人気は無いけれど・・手入…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

一足早い、夏休み

夏休みになって、道路やサービスエリアが混雑するのを避けて・・・早々、東京の実家へ遊びに行ってきました。 近頃 実家で飼い始めた子猫ちゃん、まだ二ヶ月の男の子。 まだ小さいくせに、結構やんちゃで、強気です。 実家のすぐそばに、小さな小さな神社があります。猿田彦神社です。 この辺りは元三島神社の氏子  祭礼のときは、この猿田…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more