テーマ:日常

どんぐり村、福祉工場祭り

真夏日になった日曜日、 あしたの会のどんぐり村福祉工場のバザーでした。 日ごろは、クッキーやケーキ、パン、お弁当を作っている障害者施設です。 お天気に誘われて、朝から沢山のお客さん。 カレー・焼きそば・お団子・・・・定番のお祭メニューは親たちやボランティアが頑張ってお店番です。 今回もお手伝い無しで・・・ゆ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

梅雨も近づいて

あっという間に6月、水無月です。 気がつけば、カシワバアジサイの花も咲き始めました。 隣には、ユキの下の小さなウサギさんのような花が開いています。 五月の連休が過ぎたころから・・・・・一気にあれこれ、公私ともに出てくる出てくる・・・いろんなことが・・・・ 一番のびっくりは、白アリ事件 別棟になっている風呂場と物置なので…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ゴールデンウィーク

五月の声を聞いた途端、よい天気、一気に初夏の気配です。 GW、2日の日曜日、安芸の宮島<厳島神社>へ日帰り・・・って無茶な! 朝6時に家を出て、岐阜羽島から広島行きひかり号、山陽線で<宮島口>へ、フェリーに乗って 10時前に、宮島に着いておりました。 さすがGW、朝から結構な人出です。 それでも、ゆっくりと海の上の大鳥…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

桜、散るとともに

<ついにゆく道とはかねて聞きしかど昨日今日とは思わざりしを> 在原業平の辞世の句だといいます。 父があっという間に、逝きました。 4月14日、桜が散り舞う中で、送りました。 岐阜祭りのとき、母から電話が入りました。 <お父さんが良くないのよ、後、数週間・・・・>って 7年ほど前、80歳を過ぎて、食道ガンの大手…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

春の訪れを喜ぶ祭り

満開の桜と共に四月になって、春らしくなりました。 今年の三月はいつになく、公私ともに波乱の多い年度末、寒さも寒しで風邪もひく・・・・ 冬の寒さが厳しいほど、春の訪れは嬉しいものです。 この季節の祭礼は、そんな春を喜び、寿ぐお祭りです。  岐阜もこの時期、あちこちの神社で祭礼があります。 4月の3日・4日は岐阜のお祭、通称「…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

どこかで春が生まれてる~~

どこかで春が生まれてる どこかで水が流れだす どこかでヒバリが啼いている どこかで芽が出る音がする  山の三月 東風吹いて、どこかで春が生まれてる。 あっという間に 三月も半ば、春が来たっと思ったら、各地で雪の便りです。 真冬のような寒さが戻って、せっかく開いた沈丁花や福寿草が震えています。 寒くても、木々…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

節分そして立春へ

明日は立春と云うのに、 雪がチラチラと舞う寒い節分となりました。 岐阜市の<玉性院>では福鬼が観衆にもみくちゃにされながら本堂に釣り込まれる<節分釣り込みまつり>が行われます。 http://www.gifucvb.or.jp/event/detail_winter.php?eid=00051&calendar_keisai=…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

冬来りなば、春遠からじ。

今日は大寒、寒さも絶頂期、冬芽が寒さに耐えて春を待ち望むころです。 ここ数日の厳しい冷え込みが、ちょっとゆるんだ大寒の朝を迎えました。 そんな寒さに耐えて、蝋梅がほころび始めて、梅の開花の便りも聞こえてきます。 年末年始のどさくさが終わって、日常の生活に戻ってどっと疲れが出た月曜火曜、 6日、水曜日になって、やっと復…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

謹賀新年・・トラの年

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 千里を翔けるトラの年、トライの年、トライアゲインで行きたいです。 大晦日の朝、新幹線で東京へ、晴天の富士の姿はいつ見ても心ひかれます。 年越しを実家で、浅草の観音様へ大晦日と新年、年越し詣で 元日は一族揃っての新年会、 90歳の父、93歳…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ともかくも あなた任せの年の暮れ

あと数日で、今年も終わり。 今年は12月半ばになって、急に慌ただしくなって・・・・・迎春準備もろくに出来ないまま年越しとなりそうです。 慌てても、どうなるものでもなし・・流れに任せて≪ともかくも あなた任せの年の暮れ・一茶≫ 12月の10日過ぎまで、まだ秋の気配だったのに、一気に真冬がやってきました。 18日の土曜日…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

復活 ロバのパン屋さん

♪赤い車で チンカラリン チンカラリンロンやってくる♪ 車を走らせていたら・・・おや! 懐かしい歌が聞こえてきました。 赤い車が止まっています。『ロバのパン』 思わず車を寄せて・・・懐かしい<蒸しパン>買ってしまいました。 ロバのおじさんチンカラリン チンカラリンロン やって来る。 ジャ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

自然の家、第11回 感謝祭

新型インフルエンザの嵐が吹き荒れて、前日は秋の雨が吹き荒れて 波乱含みの今年の自然の家<感謝祭> 間際まで・・・入所生がインフルエンザになったら中止!の危機感の中で、今日、15日(日)朝からカラリと良い天気。どうやら無事に開催できました。 息子の生活の場となっている障害者の入所施設一年に一度の、大イベントです。 ここ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

障害者、ドリームスポーツ大会

11月最初の日曜日、 岐阜県下の支援学校高等部、障害者施設集まってのスポーツ大会でした。 オープニングは県立岐阜商業高校のブラスバンドで賑やかに。 全国大会で何度も優勝している実力派のブラスバンドです。 ブラスバンドのアトラクションが終わって、開会式 県副知事、市長、議員さんたち並びました。 25m・5…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

家庭学校まつり

晴天の日曜日、秋、恒例のあしたの会の仲間の通所施設<家庭学校>のバザーでした。 昨日の雨はどこへやら、まぶしい陽射しに照らされて、近くの則武小学校のグランドを借りて、元気に賑やかな一日 オープニングは元気に<よさこいソーラン>を踊って。 親たちは総出でバザーの店番、作業製品のクッキー・ケーキのほかに カ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

運動会

台風一過、今日は晴天、近くの四国山公園で、自然の家の運動会です。 作業班ごとの応援合戦は仮装大会、入所生も職員も、元職員も、、思いっきりはじけています。 息子は女装。真っ黒なチャイナドレスでピンクレディーの<UFO>を踊ってました。 いろいろ楽しい競技で、青空の下 走り回って。 <パン食い競争>も楽しそうでした。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今年のワインは?

今年も  ブドウを出荷している知人から、出荷の終わった屑ブドウが届きました。 出荷できないブドウといっても、潰してしまうのはもったいないようなブドウです。 少し、食べるようにとっておいて・・・・・・ たくさんのブドウを、日曜日、半日かかって、ブドウをジューサーにかけて、ワインの仕込みました。 数日すると、酵母が活動を始め…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

地震・台風 また地震

早朝の地震で、飛び起きました。 静岡では停電・断水などの被害が出ている様子・・・・まだこれから台風の影響も心配です。 東名高速も大きな被害が・・ 早めのお盆休みをと先週末から東京の実家に行って居りました。 日曜の夜、震度4の地震で驚いて・・たいした被害はなさそうだとホッとしたものの 今度は台風9号の影響で、どしゃ降りの…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

梅干しのうた

気温36度、 やっと、降り続いた雨があがって、一気に夏の陽射しが照りつけました。 このまま梅雨空に戻らないで欲しいです。 眩しい陽射しに 梅干しをやっと干せました。 7月の初めに塩漬け、 白梅酢で揉んだを赤シソ入れて・・・ <梅干しの歌>というのを見つけました。 二月三月花ざかり、 鶯…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

暑中お見舞い申し上げます。

二十三日は≪大暑≫になるというのに、なかなか梅雨があけないようです。 蒸し暑い毎日に、我が家の犬もダレきっています。 先日の日曜日は、土用の丑の日でした。さしずめウナギ受難の日ってところでしょうか? <うなぎの病院> うなぎのお医者さん 蒲焼きになり 患者にスタミナ つけるそな それでも元気が 出ぬ人にゃ 骨を砕い…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

腱鞘炎・バネ指

雨の降りそうな旅行のあと、疲れの取りきれない日曜日、あしたの会の「どんぐり村福祉工場」のバザーでした。 うって変わって、真夏のような好天に恵まれて・・・・和太鼓の演奏もあって賑わいました。 今年もお手伝い・・・・・旅行明けで、今回ばかりは、くたびれ方も半端じゃなく・・ 週明けからダウン・・も…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

<芒種>田植えの季節

六月五日は二十四節気<芒種>  田植えの季節です。 あちこちで田植えが真っ盛り、青々とした早苗が並んで、清々しい光景の中、ツバメも餌を求めてとびかっています。 田植えの季節は、<麦の秋> 隣の畑では黄金色に刈り取り間近の麦畑が広がっています。 春と秋が同居しているような、不思議な光景です。 初夏の訪れに ハチク…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

蛙の歌が聞こえてくるよ~~

小動物たちが活発に動き回る季節になりました。 庭の隅の葉蘭の茂みから、ゲケケケ・・・と賑やかな声が聞こえてきます。ソ~っと覗いたら 竹垣の上で、お庭の住人、アオガエルくんが喉をいっぱいに膨らませて、声を張り上げていました。 小さいくせに、よく響く大きな声です。 こちらはお客様・・・クロアゲハなのかカラスアゲハなのか・・よく区…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

涙雨の連休

連休後半、降り続いた雨もやっとやみ、今日は青空が広がり始めました。 4日朝、カラーの白い花が、一本だけ咲きました。降り出しそうな曇天に咲いた花はどこか寂しげでした。 花は変わらず咲いているのでしょうが・・・見る者の心を映すのでしょう。 2日夜、20年来の友が逝きました。4日は告別式でした。 障害を持つ子どもを育てる親…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

草取り

「籠もよ 御籠持ち フグシもよ 御ブクシ持ち  この丘に 菜摘ます子 家告らせ 名告らさね」 雄略天皇・万葉集 ・・・・籠を持ち、串を持って、丘に若菜を摘むお譲さん、おなまえは?・・・・・ さしずめ、万葉の時代のナンパ ですね! って・・おばさんばかりですが・・・・・ 息子が世話になっている障害者施設 あしたの会「…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

鯉のぼり

今月初めに造った、鯉のぼりが焼き上がりました。 青い釉薬を初めて使ったので、加減が分からずちょっと色が薄くなってしまいました。 端午の節句が近づいて、大空を鯉のぼりが泳ぐようになりましたが まだ、寒の時期、郡上の吉田川で鯉が泳いでいました。 郡上染めの鯉のぼりの糊落としの寒ざらしの光景です。 雪がちらつくような…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

満天星・昼の星

庭のドウダンが満開になりました。 中国の故事にちなむ<満天星>  天上老君がこぼした霊水がこの木に散って満天の星の如く輝いたという。 まさに、青空に輝く昼の星です。 「満天星に突き抜けてある木曾の空」・爽波 このドウダンに、蝶が飛んできました。 枝にとまっていますが、見事に擬態しています。 判りますでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

根尾、淡墨桜

樹齢1500年の老木、淡墨桜 今年も、桜に会いに行ってきました ここ数年 毎年この時期<淡墨桜>を訪ねます。 今年は開花が早く、満開の時期を少し過ぎましたが・・・・・・・・ まだまだ、周囲も満開です。 杖をついた、老人のようなこの桜、多くの人の介護で生き延びて、花びらは小さく、色も白に近い色合いです。 晴天に恵まれ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

岐阜祭り

4日・5日は岐阜の総社<伊奈波神社>の祭礼、それに合わせて、岐阜市内各地の神社でもお祭りです。 4日は雨にたたられて、伊奈波神社の宵山の山車の引きぞろえは中断してしまったようですが、5日は暖かい好天に恵まれて、久々に賑わったお祭りになりました。 山車のひとつ<安宅山>の引き回しにであいました。山車の上には、奥に富樫と手前に弁慶 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

春を食す

春は、春にしかない山菜が、 知人が、根尾にいったから採ってきた・・ってツクシをたくさん届けてくれました。 ヤブカンゾウこれは、茹でて酢味噌和えで ワラビは 熱湯の重曹を入れて、ワラビを浸して、一晩 真黒にアクがでます。 我が家は・・ワラビを入れたけんちん汁が定番です。 葉っぱ付きの、蕗があったので 葉を刻んで…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

春は来たけど・・黄砂も・・

ここ数日の暖かさで、桜も開花の便りが聞こえてきます。 こちらでも10日以上も早く咲きそうな気配です。 早々とモクレンや、レンギョウの花も咲きはじめました。 春風とともに、黄砂の猛威に脅かされているこのごろです。 一週間ほど前から・・左目がゴロゴロ・・どうやら<ものもらい>  こんなものいらないって{%がっかりwebr…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more