テーマ:昔話

垂井・南宮大社に・米寿の祝い

ちょっと日にちが経ってしまったのですが・・・・・ 先日の日曜日、大垣市市民会館で、障害者の育成会大会があって、でかけました。 こういう県大会・総会の常、お決まりの報告ですが・・・こういう時には、「あら~、久しぶり~」って声があちこちで。 その為に行くようなものです。 大会は昼までで・・逃げ出して、ちょっと足を伸ばして、垂…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

連休前に・・

ゴールデンウィークはきっとどこの行楽地も、大変な混雑になるだろうなって・・・ そのまえに・・って訳では無いのですが。遊び歩いた、日、祭日。 長浜は、黒壁スクエアへ・・高速を使えば、家から一時間ぐらいのドライブです。 ブラブラ散策していたら・・何やら、婚礼の留袖や白ネクタイのひとたち・・ 拍手の波とともに、人力車に乗って、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

近江、大瀧神社

正月明けの日曜日、滋賀、彦根の多賀大社は、まだまだ初詣の参拝客でにぎわっていました。 この多賀大社のほかに、「多賀三社まいり」と云うものがあると聞き、足を延ばしてみました。 第一は、<多賀大社> 第二は、山頂に古代信仰の巨岩、磐(いわくら)の座をもつ、青龍山のふもと、<胡宮神社> そして、第三は、犬上川の上流、奇岩怪…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

猫が顔を洗うと雨

猫が顔を洗うと雨になる と言う ことわざ。意外に 的中率は高いようです。 民間伝承の予報は、特に局地的なものは、天気予報より良く当るようです。 <猫が顔を洗うと雨>というのは、低気圧が近づいて、湿度が高くなると猫はそれに敏感に感じるのだとか、猫の毛の中の蚤が湿度が高くなると活動が活発になるので、顔を洗うのだともい…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

茗荷宿

茗荷をたくさん頂きました。 茗荷を食べると、物忘れをするとか・・・・・・ お釈迦さまの弟子で、物覚えの悪い者が居たとか、その墓の周りに茗荷がたくさん生えたところから、そんな事が云われるようになったそうです。 茗荷は冥加に通じる事から、紋所にもなっている。消炎効果もあり、 夏には、薬味などに、さわやかです。 <茗荷宿…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今日は<夏至>

<夏至> 太陽が赤道から最も北に離れ、北半球では昼が最も長くなる日です。 夏期の真ん中にあたる日ですが・・・実際には、梅雨の真っ最中、田植えが盛んに行われる。季節です。 庭の<かしわばアジサイ>が花を咲かせました。 ほって置いて、枯れかけたのですが・・・なんとか復活です。 田植えの季節、こんな昔話があります。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more