秋来ぬと眼にはさやかに見えねども・・

ご無沙汰しています。

ブログの更新が一ヶ月に一度という情けない状況です。

九月も半ばを過ぎて、秋の気配が色濃くなってきてはいても、いつまでも蒸し暑い変な天候です。
今日は大型の台風の影響もあってか、陽が照ったり雨が降ったり、強い風が吹き抜けたり
画像

8月の終わりから9月にかけての此の時期は、私にはどうも鬼門のようです。

昨年は、8月の終わり、母が心不全の発作を起こして入院して、大慌てしたものです。

たまには、母の顔を見に行かなきゃって、今年はスカイツリー効果で混雑しそうなお盆を避けて8月の終わりにでかけました。
今年の母は、とっても元気で、ホッとしましたが・・東京の暑さも半端じゃなかったです。


画像


そんなこんなで、今年の夏は無事に過ごせるかと思っていたのですが・・・・

9月に入って、実家の義兄から一本の電話が
「鎌倉の兄さんが屋根から落ちた!」

私とは一回り離れた同じ干支の長兄です。 71才。<なんで屋根になんか登ったの!>

一日置いて、見舞いに行った病院では・・集中治療室、頭蓋骨骨折で意識もなく
<生きて>・・96才の母さんより先に逝っちゃダメだからね!

でもやっぱり・・・数日後、亡くなったと連絡がはいりました。

すぐ通夜・告別式かと思いきや、<事故>ということで、警察の検死・現場検証などがあって、すぐに葬儀を出せないとか・・・・
突然の死で、兄嫁や甥姪も辛い時なのに・・・・きっと嫌な思いをしたことでしょう。
結局5日目にやっと通夜・告別式となった次第
画像

鎌倉の斎場 大きめのおしゃれな洋風一軒家という風情

母がどうしても葬儀に出たいというので、タクシーで東京から鎌倉まで。
ホテルに一泊も、高齢の母には負担が大きかったようで、かなり疲れたようすでした。

母は、姉夫婦と同居しているので、兄が死んでも直接日常生活には影響はないのですが、
息子を先に送ってガックリしなきゃいいのですが・・・・

と、いいつつも・・・秋はアレコレ忙しい。バザー、イベントシーズン到来です。
今年は特に、岐阜は<清流国体>で騒然としています。
息子の入所している施設の奥の山際では、<馬術競技> 5日ヶ間の競技の間 作業製品の販売出店もありますので、その店番。
その他・・エトセトラ    落ち込んでは居られません!


"秋来ぬと眼にはさやかに見えねども・・" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント