暑さ寒さも彼岸まで

ご心配をおかけしましたが、
母は、すっかり元気になって、退院して 日常の生活に戻りました。
あの生命力の強さは・・・・わが母ながら・・化けもんだ(ゴメン!)

できるだけ顔を見に、また行きたいとは思っています。

10月の陶芸教室の<作陶展>に向けてそろそろ本腰を入れて・・という季節

先日焼きあがってきた、<本>の形の灯 
画像

開きかけた本のページの隙間から光が溢れ出してくると云うイメージで。
画像

こちらの<お魚>は、実はこの本の灯を作りかけのとき作業の流れですることが無くなって・・・時間つぶしに気の向くままに遊んでみました。
鯉が餌が欲しくて、大口を開けてパクパクって
画像
 
さて、どんな使い方しましょうか?
口にお花でも生けるか・・三角香でも入れて煙ユラユラ~~

暑さ寒さも彼岸までといいますが、今年はいつまでも真夏のような暑さ、それでも台風一過やっと秋の空気になってきたようです。

秋のお彼岸と言えば<オハギ・お萩>  春のお彼岸は<ぼた餅・牡丹餅>

<ぼた餅>は粒あん 
<オハギ>はこし餡のお餅ときな粉餅や胡麻餅なのだとも言いいますが・・
粒あんのものも多いようです。
画像



夏の終わり、茗荷を沢山頂きました。
画像


さて、大鉢いっぱいのミョウガ、
薬味にしたり、お吸い物・・でもそうたくさん使えるものでもなし・・

どうやって食べようか?

って思いついたのが、
おネギの代わりにミョウガでも良いかと<ミョウガの甘酢炒め>
画像

炒めたミョウガも結構いける。
お魚と合わせて<カワハギとミョウガ・オクラの黒酢炒め>にしてみました。

かぼちゃの採れ盛り、大きいの小さいの、白いの、長いのいろいろ頂いて・・・
画像

白いかぼちゃも初めてです。

ヘチマのような形のは、<スクナカボチャ>岐阜は飛騨地方で昔から作られていたカボチャ。 
中身は普通の黄色い、ホクホクして美味しいカボチャです。

輪切りにすると・・・ドーナツみたい。
画像


これにひき肉やら詰め物をして、焼いてみたり煮てみたりってのもイイかもしれない。

"暑さ寒さも彼岸まで" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント