立冬そして小雪へ

<山装う>秋を司る女神 立田姫が美しく装う季節となりました。
画像


立冬もすぎて、今日は二十四節季の<小雪> 秋を送りそろそろ雪の便りも聞こえてくるきせつです。

今年は一体何だろう?って思うほど、一段と忙しい秋を送り、
我息子の障害者施設の最大のイベント<あしたの会自然の家 感謝祭>が終わって、やれやれと気が抜けたところです。
画像

雨に祟られたものの、1000人規模のお祭り、
焼きソバ・カレー・お団子・フランクフルト等々・・食品バザーも例年不足気味なので今年は量を増やしてしまったラ・・無情の雨で・・・ちょっとお客さん少なめではありましたが・・・

でも、幸いに困るほどは残らずに、賑やかに大きな成果がありました。 <感謝>

感謝祭に先立っては・・・10月半ば、これも毎年恒例の陶芸教室の作陶展
画像

今年は<遊びせんとや生まれけん>と題して 玩具2題
画像

ビー玉や鈴をコロコロと転がして落とすオモチャです。

この時期と重なって、各務原市の美術展の一般公募に出展したら・・・入選させていただけました。
題して<花器・月光>
画像


バタバタしていても、季節の飾り物の講習会は休むわけにもゆきません。っと云うより<毎月何を作ろうか>って考えるのの、ボケ防止かも~~~~
10月は、ハロウィンの飾り物。
画像

11月は、そろそろ来年の干支を考えなくては・・・で
来年は巳年、ハマグリ・シジミの大小を三段がさねで白蛇を作ってみました。
画像

ヘビはいまいち人気がない・・・でも、出来上がってみたら、皆んな可愛いと気に入ってくれました。

こちらは、陶芸ミニ教室での蛇さん達
画像

細いの太いの・・様々です。焼き上げると白くなります。

11月11日の<感謝祭>が終わって、やっと後片付けも終わって・・・
日用品バザーの売れ残りの片付けをしていて、一枚の風呂敷が眼に留まりました。
ナイロン縮緬の安物の風呂敷ですが、
草木・花の名前を漢字で書いたデザインが面白い。
もらって帰って、4っつに切って、ランチョンマットに仕立ててみました。
画像

八割がたは読めたのですが・・・・解らない奴がある。
となると気になって、色々調べてみる。植物辞典・国語辞典・とうとう漢和辞典までひっくり返して

木槿・むくげ 
枳殻・からたち
虎杖・いたどり
山梔子・くちなし
木賊・とくさ 
八重葎・やえむぐら
海松・みる
木瓜・ぼけ    一応これで読めた・・・・スッキリした!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年11月23日 17:25
今晩は。
1年本当に早いですね…何をしたのかなあ…なんて思い出しもできません。
花器・月光>とても素的です!入選おめでとうございます。
海松・みる・・以外でした。
字の表すものなのですね!
蝸牛
2012年11月24日 10:56
やろいさま
ありがとうございます。
ほんにあっという間の一年で・・こないだまで暑いと思っていたら、もう師走も目の前、気持ちばかり焦ります。
hillman
2012年11月24日 13:16
蝸 牛様、

ご無沙汰ばかりで、申し訳ないです。
<花器・月光>、好いですねぇ・・・。
この様なのが創れたら楽しいでしょうね。
陶芸をずっとやりたいなぁと思いながら、思うだけで
実行には移せません。
2012年11月25日 09:53
ハマグリと シジミを使った へび かわいいですね。
漢字は 「ぼけ」 だけ 読めました。
蝸牛
2012年11月25日 19:56
hillmanさま
ありがとうございます。こちらこそ、ご無沙汰してすみません。
やっと、コピーではない作品を作れるようになってきましたが・・・まだまだこれから・・精進です。
蝸牛
2012年11月25日 20:06
あさがおさま
毎年恒例の干支作り、簡単に安い材料費で、どうしようかって考える・・ボケ防止です。
2012年11月29日 11:57
来年の干支は巳・・・蛇だとはどこか気持ちが悪い感じになって、躊躇していました。
健康友の会から「縁起物を作る方があるから写真を撮って、機関誌のトップに飾りたい」との電話が入ってきました。
そのカメラ担当です。
どんなものが作られているのか楽しみです。
蝸牛
2012年11月30日 14:50
Tatehikoさま
ありがとうございます。
ハマグリでの干支は毎年作って一回りしました。ソロソロ違うアイディアが欲しいです。
また見せて下さいね!
2012年12月02日 09:30
蝸牛さんへ
お早うございます。ご無沙汰していてゴメンなさい。夏あんなに暑くて地球温暖化を心配していたのにこの頃はまた逆に寒さが厳しいですね。陶芸展で入選されたとのこと、枯木の後ろに月、題が月光とは凄いアイディアで素晴らしいです。蛇の置物、面白いです。
蝸牛
2012年12月02日 20:19
ひょうすけさま
ありがとうございます。こちらこそご無沙汰ばかりで申し訳ありません。
<月光>の題は・・・公募に出すのに、題名という欄があって、苦し紛れに付けたのです。お恥ずかしい~~

この記事へのトラックバック