初夏の手作り

もう7,8年も使ったでしょうか、去年ファスナーが壊れて なんとか修理できないかと分解したお気に入りのカバンです。
画像


ヤット、やる気になって・・・・
やっぱりミシンでは 縫いにくい 針が曲がりそうです。

で、なんとか手縫いで仕上げました。
画像


復活! またしばらく使えそうです。

これが壊れないうちに、お気に入りの一品と出会えるといいのですが・・・



2月から取り掛かっていた大きめの花瓶が焼き上がってきました。
画像


<被せ土、掻き落とし円筒花器>

白土をベースに、薄茶土を被せ、さらに黒化粧土を塗って

アヤメ・トンボの文様を掻き落とし、掘り出して

茶土のシルエットのアヤメは、粘土の厚みがあるのでレリーフ状になっています。
画像


ガレの被せガラスの花瓶に憧れて・・・遠く及びませんが、こんなものを作ってみました。

この作り方は初めてだったので、かなりいい加減にお試しの感があったので、次回は、粘土の厚みを均等に2色3色と重ねて掘り出して見たいと思っています。


今月の季節の飾り物、そろそろ夏の風物って、

真っ赤な金魚のモビールで、ゆらゆら金魚
画像


以前にも吊り飾りで金魚を作りましたが、ベースは同じハマグリに縮緬の布

尻尾の真ん中に針がね入れて、好きな形にくねくね出来るようにしてみました。

今年は早めの梅雨入り、ミョウガの葉も伸びてきたので、<ミョウガボチ>を作ってみました。
画像

これから旬のそら豆を茹でて、潰したアンをいれた素朴な団子餅。
ミョウガの葉でくるんで蒸しあげます。 この季節ならではの美濃地方で昔から家庭で作られていたお菓子です。

春先に沢山いただいた 山菜のノビル、味噌をつけて食べることが多いのいですが、甘酢で漬けてみました。
画像

漬かったノビルは、ラッキョウ漬けみたいでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年05月31日 22:22
今晩は。
お気に入りはどうしても離せませんよね。
私、20代の頃のバック捨てられないでいます。
修理もしました・・・不思議です!
>被せ土、掻き落とし円筒花器・・なかなかの一品に仕上がって嬉しいことでっすね。
蝸牛さんは器用を通り越していますもの!
そら豆を茹でて、潰したアンをいれた・・・そんな贅沢なお菓子今は夢のまた夢です(笑)ソラマメの塩茹でさえとても贅沢です。
田舎育ちの子どもの頃を思い出しています。
2011年06月02日 04:28
蝸牛さんへ
お早うございます。いやぁー何でもできちゃうのですね。凄いです。花瓶、お見事です。ユラユラ金魚、涼しい。ミョウガボチ、初めてしりました。ノビルは我が家周辺にもあるので私も作ってみます。
あさがお
2011年06月02日 19:41
手縫いでカバンを? すごい。
気に入ったものは 修理して長く使いたいですよね~。
花瓶 すばらしいです 力作ですね。
こういうものが作れるようになるには 何年かかるのでしょうか。
売れますね バザーとかに出したら 高値で売れますよ。
今日は 震災地へのワンクリック一円募金の話を記事にしました。
是非 おいでください そして クリックをお願いします。
蝸牛
2011年06月03日 09:41
やろいさま
お気に入りのカバンが直せて、ルンルンです。
ミョウガボチは、岐阜へ来て知った味です。
最近は和菓子屋さんで売っていますが、昔は家で作るものだったようです。
蝸牛
2011年06月03日 09:45
ひょうすけさま
お恥ずかしい出来で・・でもまずは楽しく作っています。
ノビルの甘酢漬け、これはオススメですよ。
蝸牛
2011年06月03日 09:50
あさがおさま
カバンはポケットの部分をなおしただけですからでもまた使えるようになって嬉しくてね。
ワンクリック、参加させていただきま~~す。

この記事へのトラックバック