雛人形

もうすぐ雛祭りです。
今月の季節の小物作りは・・雛人形
画像


「上巳の節句」と呼ばれる雛祭り、
古代中国では、三月の最初の巳の日を「上巳(じょうし)」と呼び、
この日に、紙で作ったひとがた・形代で身体を祓い、それを水に流して、穢れ・厄災を祓ったと云う。
そんな「流し雛」をイメージした壁飾りにしてみました。

昨日は、親子リズム体操をしている若いお母さんたちのグループへ出張講師。
今月は、全部で3回、お雛さま作り講習会をしなければなりません。

画像


小さなパーツを作って一人分づつ、キッドをセットするのが結構面倒な作業ですが・・・・
小さな子供がそばに居て・・なので、できるだけ簡単にできるように準備です。
ハサミを使うがせいぜいで・・それでも結構楽しくワイワイ・・・・・。

同じ材料で作っても・・それぞれ個性的な雛人形が出来上がりました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

百合香
2008年02月13日 22:55
教えることより、子供づれのお母さんが作りやすくするための準備が大変ですね。
教えるための勉強やアイデアも必要なのでしょう。
雛人形が楽に仕上がると皆さんに喜ばれますね。
蝸牛
2008年02月14日 06:40
百合香さま
おはようございます。
細かいパーツをそろえるのに結構時間がかかります。
簡単に、安価に、見栄えよくって、頭の体操ボケ防止(笑)です。
mikomai
2008年02月14日 17:51
こんにちは~♪
講師先生をなされていらっしゃいますか♪いろいろと目に見えぬ気配りが、たいへんなんでしょうね☆^^
雛人形で、思い出しました。もうご覧になっているかもしれませんけど、「萩城下の古き雛たち」というサイトの古い雛人形の数々が目の保養になりました。その名前で検索できます。実は私も萩の方から、教えていただいたサイトですが・・・。(^-^)
蝸牛
2008年02月14日 18:56
mikomaiさま
講師などとは・・おこがましいのですが・・
頂くのは、材料費のみ、のボランティア講師で(汗)

古雛や古いつるし飾りは素晴らしいですね。
近頃各地で古い雛を展示するようになって、お雛様たちは喜んでいるでしょうね!

この記事へのトラックバック