夢のまた夢、介護食 迷々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨の頃

<<   作成日時 : 2010/06/22 16:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

21日は夏至、一年で一番昼が長く・夜が短い日。
『夏至ゆうべ 地軸の軋む 音少し』悟朗句

梅雨のさなかの蒸し暑い宵 寝苦しい夜でした。
画像

この季節、茗荷の葉で団子餅をくるんだお菓子が作られます。そら豆の実を潰して餡にした<みょうがぼち>と呼ばれる素朴な餅菓子です。
かつては、家庭で作るお菓子でしたが、近頃はあまり家庭では作られなくなって、和菓子屋やスーパーなどで売られています。 茗荷の葉でくるんでいないものは<ぶんたこ>と呼ばれて、子供の頃は家で作っていたと夫が話していました。

画像

栗の木畑では栗の花が真っ盛りです。
まるで毛虫の大群のような栗の花は・・・匂いも・・青臭い腐ったような匂いです。
画像

縄文の昔から栽培されて
秋には美味しい実をつけてくれる栗の木も、この時期はあまり有り難くない木です。
『夜もすがら 花栗におう 山の宿』正岡子規句


昨年のお味噌が、夏を待たずに無くなってしまいました。
どれどれ・・・この冬に仕込んだ味噌の出来は?
画像

もう味噌らしくはなっていますが・・・まだちょっと早め
夏を越さないとまだ、未熟成  チョッと塩辛さが尖がった感じです。
画像

でもまあ・・市販の赤味噌を少しづつ混ぜて使うことにします。
だんだん美味しくなってくるのを期待しながら・・・


日曜日、雨が心配でしたが・・・・近江へドライブ、琵琶湖大橋を渡って湖西へ
近江舞子の先 <白髭神社>を訪ねました。
画像

湖のほとりに建つ古い神社です。社の裏山はどうやら古墳群

そして、まるで厳島神社のように、湖の中に鳥居が建っています。
画像


柳に飛びつく蛙の姿を見て、書の修練に励んで書聖と呼ばれるようになったと云う伝説の<小野道風> 藤原佐理・藤原行成と共に三蹟とよばれます。
学問書道の神として<小野道風神社>として祀られています。
画像

近江の琵琶湖のほとり<小野> 小野一族の住んだ土地。
遣隋使の<小野妹子の古墳に神社>

さらには、小野篁を祀る<小野篁神社>
小野篁と云えば、閻魔庁に出仕していたと云う伝説をもつ、京都の六道珍皇寺の冥府通いの井戸があります。
こちらも学問の神様
画像


<小野道風>はこの<篁>の孫であり、兄は純友の乱を制圧した<好古>、従妹は<小野小町> 官僚・学者がキラ星のごとく・・
そうそうたる一族です。
画像


この道風の<柳に蛙>の伝説は、江戸中期、浄瑠璃で<小野道風、青柳硯>で広まったそうです。
道風神社の一角に、ちゃんと<柳に蛙くん>が居ました。
画像


帰るころに雨がパラパラ・・バッシン!ゴロゴロ・・
道風様に嫌われたんでしょうか〜〜

慌てて車に戻って・・走り始めると、どしゃ降り
ワイパーをフルに動かしても前の車のテールランプが微かに見えるだけ
恐かった〜〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そら豆の餡のだんご おいしそう。うぐいす豆の餡もおいしいから そら豆もきっとおいしいはず。
茗荷の葉っぱでくるむのは初耳です。いろいろあるのですね〜。
栗の花 ほんと 毛虫みたいで 気持ち悪いですね。実はとってもおいしいのに。
あさがお
2010/06/22 21:57
お早うございます。
みょうがぼち・・・お初です。
空豆・・大好きです・・・でも餡にするのは何だか勿体無い気がします。
でもいただいてみたいです。
ズンダ餅・・そんな色になるのでしょうね。
栗の花満開です・・雌花を探したのですが、なかなか見つかりませんでした。
背丈が足らなかったのです(笑)

良いですね・・手作り味噌。
ここ3年作っていません・・おいしいですものね。
土用を越すと一段と旨味が加わることでしょう。
やろい
2010/06/23 10:49
白髭神社・・・何回も湖西道路をドライブしたのに立ち寄ったことがありませんでした。
Tatehiko
2010/06/23 20:00
あさがおさま
そら豆の餡、こちらへ来て初めてたべました。
黄緑のさっぱりしたアンコです。
近頃は枝豆餡で<枝豆まんじゅう>なんて言うのもあります。

やろいさま
ズンダ餅は枝豆でしたっけ? この時期限定の菓子なので、毎年、一度ぐらいは食べたくなります。

Tatehikoさま
そんなに大きな鳥居ではないから・・・
でも、謡曲の<白髭>は、この神社にまつわるモノだそうです
蝸牛
2010/06/23 22:31
そら豆のあんこのみょうがぼち。ちょっと食べてみたいですが、ずんだ餅は期待していた味と違ったのでショックでした。
お味噌を手作りする蝸牛さん、尊敬しちゃいます。きっと美味しくて、市販の味噌は食べられないでしょうね。私もいつか作ってみたいです。
栗の花の匂いは私は嫌いではないですよ。
あんこ姫
2010/06/24 17:16
あんこ姫さま
そら豆餡、さっぱり目ですが結構美味しいです。
栗の花もね〜〜少しならいいのですが、いちめんの栗畑の匂いは・・・たまりません
蝸牛
2010/06/25 06:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨の頃 夢のまた夢、介護食 迷々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる