夢のまた夢、介護食 迷々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ひ〜らいた、開いた

<<   作成日時 : 2009/02/23 15:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

10日も前から、咲きそうで咲かなかった福寿草が、開きました。
画像

玄関先の大甕に、ネコ柳に春の花。
画像


庭師さんが来て、さっぱりした、庭のツクバイも春らしくなりました。
画像

今年は、二人しか庭師さんが来ず、庭の竹垣も直してもらったので・・・一週間もかかってしまいました。
お掃除前と
画像

終了後
画像

お掃除終わってひと雨降って・・・
ドウダンの冬芽の水滴を撮ろうとしたら。太陽の光のイタズラ、
画像

光の輪 こちらのお庭も・・・小さな虹の輪
画像

彦根の<阿自岐神社>の庭園遺構のお池です。古い大きなこの神社、お池の白鳥も人を怖れず近づいてきました。
画像

本殿の両脇には・・・狛犬ならぬ、狛鹿くん画像
画像



















雌雄の鹿さん、
  
雄鹿は、巻物を咥えて  拝殿のまえには普通の狛犬さんもいました。

きっと云われもあるのでしょうが・・書いた物も何もなく、社務所も閉まっています。
湧水のある大きな池にかこまれ、周囲の稲田の豊かな水の源となるこの神社、<安食の里>の地名のもととなったと云われています。
画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
蝸 牛様、
お早うございます。
二人の庭師が1週間も・・・・、庭も春が迎えられると喜んでいるでしょう。
ツクバイと青竹の四つ目垣良いお庭ですね。
大きな庭があると、極道息子を何人もいるほど経費がかかると言われています。
大変ですね。
hillman
2009/02/24 05:18
hillmanさま
そんなに大きくは無いんですが・・・松の木が曲者で、
40数年前に庭を作った庭師さんの処でずっと世話になって・・三代目の若い方が来ています。
請求書・・・怖いですね!
蝸牛
2009/02/24 11:05
まぁ 庭師さんが二人も来て 手入れをして下さるのですか?
それは きれいになることでしょう。
やっぱり 餅は餅屋ですよね〜。
あさがお
2009/02/24 19:25
あさがおさま
以前は庭師さん5人ぐらい来て、一日・二日で終わったのですがね、日数がかかるとお茶の支度やら昼はお味噌汁の用意と面倒なのです。
蝸牛
2009/02/24 21:42
立派なお庭ですね。
これは、業者の手を借りる必要がありますよ。
Tatehiko
2009/02/25 10:17
Tatehokoさま
日常のお手入れが必要なのでしょうが・・・怠け者の私では手に負えず。庭師さんがため息つくことが・・・
蝸牛
2009/02/25 13:15
殺風景な我が家では考えられないです。
この年になると、やっぱりお庭っていいですね。
庭師さんが何日も来られるのが面倒かもしれないですけど、羨ましいですよ。
こんなに間近に虹も見れて、感動しちゃいますね。
狛鹿って、初めて見ました。
楽しかったです。
マイルド
2009/03/01 01:44
マイルドさま
庭師さんが入って綺麗になるのは良いですが・・請求書恐いです。
偶然とはいえ、続けて違う場所でこんな虹の写真が撮れて、ラッキーです。
蝸牛
2009/03/01 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひ〜らいた、開いた 夢のまた夢、介護食 迷々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる