夢のまた夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 屋根の修理

<<   作成日時 : 2009/01/28 13:56   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

雨どいが壊れて、直してもらうだけ・・のつもりが、屋根の一部の瓦の伏せ替えをするはめに・・・・
画像

昔々に建て増しした部分の小屋根、とはいえ・・長〜ぃ屋根、けっこう大きな工事になってしまいました。

築90年近い古民家・・何度か手を入れていますが・・・・あっちを直せば、今度はこっち

かと云って・・ほおっておいて、雨洩りしだしたら、また大変ですしね〜〜〜

表側の庭から、リフト付きのはしごを掛けて・・職人さんが上り下り、便利になったものです。
画像


庭の隅には、瓦のやまが
画像


事のついでに・・玄関の引き戸の動きが悪いから、ってコマを変えてもらったり、
お風呂場の入口も直そうか、などなど・・・
快適生活を維持するのは、結構大変・・・ですね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
大変ですね・・・私の家も随分手を入れてきました。
思い出します・・・目的の1箇所ですまないのですね。
ここを直せば・・あちらも・・・2階の雨漏りの場所が分らず・常時バケツ・タライを受けていました。(笑)
とうとう4年前に・・・・限界が来てしまいました。
・・ので仕方なしに・・歳を重ねての家造りになってしまったのです。
気疲れしますね・・・お疲れ出ませんように。
やろい
2009/01/28 20:55
おばブ−様、
木造の建物も雨漏りさえ無ければ長持ちするのですが・・・・。
家の修理は例えが悪いですが、女性の方々の整形美容と同じだと思うところがありますね。
一つ治すと悪いところが目についてここもあそこもとなってしまうようです。 失礼な表現でしたね。
と言って、我が家もそろそろ手を掛けなければならない時期に来ています。
あ−ぁ、どうしよう。
hillman
2009/01/29 07:56
やろいさま
なまじ古民家を残して使おうと思うと余計な手間が繋るようです。


hillmanさま・・・蝸牛です・・
なんたって・・90年も経とうかと云う年寄りの家ですから・・あちこちガタが来てますよ〜〜
見た目は気にしてないんですがね〜〜〜
蝸牛
2009/01/29 08:30
古い民家といっても、茅葺の農家で生まれましたから・・・古い民家の修理と言うと懐かしくなります。
親が亡くなる前に、兄貴が建替えましたが去年・訪ねた時には引き戸が動かなかったりそうとう老朽化していました。
ある意味、古い家の方がガタが来ても大丈夫だったような気がしています。
Tatehiko
2009/01/31 12:56
Tatehikoさま
古いと云っても90年ほど、大正初期、築の農家です。だいぶガタがきていますが、使っていれば家は持つようです。
あちこち手は入れて、なんとか使えるうちは使いたいです。
蝸牛
2009/01/31 20:45
うちも 買ったのが中古マンションだったので いろいろ手直しがありました。貸している家の修理もいろいろ出てくるかも知れません。ちょっとのつもりでも お金はどんどん出ていきますね〜。出て行った福沢諭吉さんは なかなか帰ってきませんわ。
あさがお
2009/02/01 12:45
あさがおさま
ですね〜〜手をつけ始めると・・あっちもこっちも・・って!
でも家と云うのは不思議な物で、人が住まなくなるといっぺんにガタがくるとか、家も住人と一緒に生きているようです。
蝸牛
2009/02/01 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
屋根の修理 夢のまた夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる