夢のまた夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 七草なずな

<<   作成日時 : 2009/01/09 10:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 13

七草ナズナ、唐土の鳥が日本の国に渡らぬ先に、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ、トコトントントントン〜〜〜っと囃しながら、まな板で若菜を叩いて刻み、粥を煮て食べると、風邪をひかないと云う新春のしきたり。
画像


実際に、七草の若菜には、冬に不足しがちなビタミンを補い胃腸を整える薬効があるようです。

7日には、我が家も七草粥を作りました。
画像


「君が為春の野に出でて若菜摘む 我が衣でに雪はふりつつ」;百人一首・光孝天皇

七草の頃から季節は<寒>、一年で一番冷え込む季節となりますが、
《冬来りなば春遠からず》とて蝋梅やボケが咲き始め、植物たちは、冬芽の中に春を迎える準備をはじめています。
画像


一年通じて、健やかでありたいと願う様々なしきたりや縁起ものがありますが、<張り子の犬>も子供の健康を願う縁起物の郷土玩具として、各地にさまざまな物があるようです。
そんな中  江戸玩具の張り子犬の<籠かぶり犬>
画像

なぜ・・籠をかぶっているのか不思議でした。
<犬>に<竹の籠>   ≪犬≫の文字の頭に≪竹≫を乗せると・・・
≫と云う字に似ていると云う、江戸っ子の洒落 だそうです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
七草粥・・・作られてのですね。
連れ合いが好まないものですから・義母も作る習慣に
なっていなかったようです。
実家では、寒の入りの翌日の朝は必ず七草かゆでした。
田舎でしたので、母が近くのあぜ道で揃えて来ていたようでした。
味付けは味噌仕立てで、私は好きでした。
今でもお味繰り返しをしているとのことです。

籠かぶり犬・・・なぜ!!
良いお話を聞かせていただきました。
≪笑≫・・・シッカリ覚えておきましょう。
やろい
2009/01/09 22:49
「君が為 春の野に出でて・・・・・・・・」この歌 好きな歌の中のひとつです。
籠かぶり犬・・・な〜るほど〜。またひとつ 賢くなりましたわ。
あさがお
2009/01/10 00:24
やろいさま
かっては、義父が粥を嫌ったので、こちらの家では作っていなかったのですが、両親亡くなって、実家の習慣をしっかり持ちこんでおります。
味噌仕立ての七草粥・・・御雑煮が色々あるように、地方によってさまざまあるのですね!

あさがおさま
「君が為・・・」光孝天皇が妃の為に、若菜を摘みに行った時のお歌だそうですね。
蝸牛
2009/01/10 12:25
あけましておめでとうございます。
昔の江戸庶民は洒落があり、<遊び>があって
面白いですね。現在もそうした<遊び>が<和み>
がもっとあれば。
面白い写真ありがとうございます。
探索する人
2009/01/10 12:34
地域の方々と嵯峨野に出向いて七草摘みをするのが新年の行事でしたが・・・何だか飛んでいましたね。
ゴソゴソしていると、出てきた粥には青菜が入っていました。
「七草粥の日だったの忘れていたなぁ〜」なんていいますと、「大根の葉っぱを入れといた」ですって?
ちょっと気づいていましたんやね
Tatehiko
2009/01/10 12:37
蝸牛様、
七草がゆを最後に頂いたのは何時のことでしょうか?
すっかり我が家の生活からは遠のいていますね。

先人達の知恵で身体によいと言われていることは継続していきたいですが、車社会、犬、猫が動き回っているような所では何となく嫌な気分ですね。
hillman
2009/01/10 18:40
探索する人さま
有難うございます。
昔の人は今よりずっと洒落っ気があったように思えますね!
蝸牛
2009/01/10 20:28
Tatehikoさま
近頃は野に草を摘むと云う事は無くなりましたね!
七草もスーパーでセットされていますし・・
昔は七草そろわず・・小松菜や大根葉ですませていました。

蝸牛
2009/01/10 20:34
hillmanさま
河原には除草剤撒くしで、セリ摘みや土筆摘み・・しなくなりましたね!
我が家の七草も、スーパーのパックです。
蝸牛
2009/01/10 21:02
日本の伝統行事を忘れることなくされ、七草粥でしたよね。
これも育った環境かな?…今の子供達食べた事あるかしら?と、作らない私が言えないですね(^^ゞ
籠かぶり犬は、なるほどと笑えます…江戸の洒落が楽しいわ
百合香
2009/01/10 21:53
百合香さま
縁起物でもありますが、お粥やお雑炊が好きだから・・
昔の人の洒落っ気って色々あって面白いですね!
蝸牛
2009/01/11 08:30
蝸牛さんとこの七草がゆは、美味しそうですね〜。
あったまります!
季節を感じれることは、日本で暮らしている幸せの一つですね。
カゴかぶり犬って、そういう洒落があるって、初めて知りました。
張り子って、いいですよね。
丑の張り子、欲しかったです。
マイルド
2009/01/11 21:38
マイルドさま
鉄鍋で・・美味しそうに見えるかも・・
南部の<赤べこ>イイですものね。
蝸牛
2009/01/12 07:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
七草なずな 夢のまた夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる