夢のまた夢

アクセスカウンタ

zoom RSS お見舞い

<<   作成日時 : 2008/08/07 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

今日は、<立秋>けれどこの頃が暑さもピーク。まだまだ猛暑は続きそうです。
けれど季節は確実に、秋に向かって動き初めています。

暑中見舞いもこの日を境に<残暑お見舞い>ですが・・・

残暑見舞いならぬ、入院見舞に、東京は根津の<日本医科大病院>へ日帰りで行ってきました。
画像


昨日、実家の姉からメールが入りました。
母が胆石の手術で入院とのこと・・・・あわてて電話をしてみると。
<カテーテルの内視鏡での手術で、開腹はしなくて済んだので、負担も少なく数日で退院できそう>とのこと
とはいえ、92歳。歳も齢なので・・・

顔を見るだけでも・・・と新幹線で、でかけました。

手術から二日たって、すっかり元気な様子。ホッとしました。
「あら!来たの・・いいのにさァ〜〜」って調子です。

けれど実際には、2pもある大きな胆石が二つもあったとか。 3時間余のかなり大変な手術であったようです。
昨日までは、かなり辛かったらしいのですが  「今日はすっかり楽になって〜〜」っと足取りもしっかりしていました。

この週末にも退院できそうですが・・・大事をとって、来週月曜日の退院と云う事になりそうです。

病院での暇つぶしにっと <義経記>を題材にした、ちょっとお洒落な大人向けの絵本を、お見舞いにしました。
画像


我が母の事・・・退院すれば、じっとしちゃあいないでしょうから・・・・病院にいた方が安心でしょう

この病院  目の前が、<根津神社>
鬱蒼とした社の森で、ミーンミンミン・・・・蝉の声が賑やかに響いておりました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
蝸牛さんへ
おはようございます。猛烈な残暑のお見舞い申しあげます。母上様、手術成功でよかったですね。92歳で3時間、2cmの石が2個、そりゃ大変でしたろう。開腹しないでどうやって石を取り出すのでしょう。コナゴナにしてしまうのかな?
ひょうすけ
2008/08/08 01:49
ひょうすけさま
ありがとうございます。思ったよりずっと元気でほっとしました。
カテーテルで内視鏡を見ながら、レーザーで割って出したそうです。30数年前の胆石手術は開腹手術しかありえなかったのに・・医学技術の進歩はすごいですね!
蝸牛
2008/08/08 06:44
胆石の手術も簡単に内視鏡で取られるのですね!
最近は切開しなくて済む手術も多くなりました。
92歳のお母様が目標にいらっしゃるので、娘も負けていられませんね。
幸せなお母様、これからもお元気で…(^o^)
百合香
2008/08/08 17:20
蝸牛様、
ちょっと遠い日帰りのお見舞い、ご苦労様でした。
私もお婆ちゃんが入院したときジョ−クで”意地悪ばあさん”の漫画本をお見舞いに持って行ったことがあります。
お母上が早く元気になられることを念じています。
hillman
2008/08/08 19:33
百合香さま
ありがとうございます。
我が母ながら・・脱帽です!


hillmanさま
慌ただしかったですが、行ってよかったです。
新幹線を使えばちょっと行ってこれますので、便利になったものです。
蝸牛
2008/08/08 22:22
残暑お見舞い申し上げます。
と共に、お母様へのお見舞いを申し上げます。
我が息子の手術の時もそうでしたが、内視鏡だと侵襲も少なくて、何よりも胆のう全摘しないで済んで良かったです。
ご高齢での手術、よく頑張られましたね。
遠方から絵本持って?!お見舞いに駆けつけてくれる娘さんもいて、さぞ心強かったでしょうね。
この本、絵本なのですか。
私でも読めそうですね。
マイルド
2008/08/09 00:34
胆石は ひどい痛みがあると聞きます。2センチの石が ふたつもあったのですか?それは ずいぶん痛い思いをされたことでしょう。今は 内視鏡で手術できるのですね。患者の負が少なくていいですね。92歳で 手術するなら 開腹はしない方が 絶対いいです。今ごろは 絵本で楽しんでおられることでしょう。退院後も どうぞお大事に。
あさがお
2008/08/09 09:10
マイルドさま
おかげさまで、無事に終わって、思ったよりずっと元気でホッとしました。
元気でいてくれて、有難いです。


あさがおさま
ありがとうございます。
石が動いていなかったので、痛みは無かったらしいのです、他の事で検査して見つかって、元気な時に早目の処置と云う事だったようです。
最近の医術の進歩は、92歳でも受けられるのですから、ありがたいです。
蝸牛
2008/08/09 11:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
お見舞い 夢のまた夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる