夢のまた夢

アクセスカウンタ

zoom RSS ネギ坊主

<<   作成日時 : 2008/04/17 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

年度の切り替え時期で、落ち着かない毎日でした。あっという間の一週間、桜も終わって・・すっかり若葉が広がっています。
お隣の畑で、ネギの種を取るのでしょう・・ネギ坊主が並びました。
画像

北原白秋の童謡に
<かえろかえろと なに見て帰る 寺の築地の影をみいみ帰る・・>の三番の歌詞に
・・・<かえろかえろと なにして かえる ねぎのこぼうず たたき、たたきかえる、蛙がなくから かえろ>  と云う懐かしい歌があります。

ところが・・童謡の歌詞をいろいろ見ていたら。。。。
<ねぎのこぼうず>が <畑の玉ねぎ>っとなっている物を発見しました。
最近の子供たちは・・(ねぎぼうず)なんて きっと知らない子が多いでしょう、だから・・畑の玉ねぎ・・の方が分かりやすいっと云う事なのか?・・・・・

でも。。何か変です! 子供が夕方・・家路について・・畑の脇を歩きながら・・ネギぼうずを叩いて歩く・・・なのに、玉ネギを、どうやって・・叩きながら歩くのでしょうか???

都会の子供たちには・・こう云う童謡は、もはや、知らない世界なのだろうな〜〜っと思いました。
きっとこんな・・菜の花畑も
画像

・・菜の花畑に 入日薄れ 見渡す山の端 かすみ深し 春風そよ吹く空を見れば 夕月かかりて匂い、淡し・・・・(朧月夜)

<菜の花や、月は東に日は西に> 蕪村
野も山も、一斉に芽吹いて、柔らかな新緑に覆われ・・<山笑う>と称した季節です。
画像

数年前・・山で、小さな野のスミレを採って来て・・植木鉢に植えました。鉢がスミレの花でイッパイになるのを期待して・・・・けれど、野に咲く花は、狭い植木鉢を嫌ったようです。
翌年、鉢の中は、空っぽ、一本のスミレも生えませんでした。
けれど・・スミレは、庭中に種を飛ばしていました。
庭のあちこちに・・毎年のように小さな花を咲かせてくれます。
<山路きて なにやらゆかし すみれ草>芭蕉

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
童謡も しっかり歌詞を考えると 変なのもありますが 私は 変ではないものを 変に考えていました。
「うさぎ追いし かの山」というのを「うさぎ おいし」と。つまり ウサギを食べたらおいしい と勘違いしていたのですよ。あ〜 はずかしい。
あさがお
2008/04/18 16:49
あさがおさま
そうそう・・ありますね〜〜「昔むかし、浦島は・・」の終わり・・「帰ってみれば、こは、いかに・・」(これはいかに)・・なんて子供にはわかるわけもなく、<こわい・怖い かに・蟹>って歌ってましたよ・・
蝸牛
2008/04/18 20:16
「ネギのこぼうず」を「畑の玉ねぎ」に変えると歌詞の情緒がなくなるように感じますね。

野に咲くスミレやタンポポは好き勝手な所に咲いてます。
コンクリートの隙間の土でも花を咲かせていますね。
自由に飛び回り、鉢植えは嫌いそうに見えます。
百合香
2008/04/19 23:21
私は、落ち込みます。
どうしてか、ねぎ坊主自体は知っていましたが、こんな風だということを知りませんでした(汗)
写真で納得です。
野に咲くすみれは、最近めっぽう見たことがありません。
凄いですよね。植木鉢から飛び出して咲いているんですもんね。
昔、実家には、とても木々や野の花が多くありましたが、今では懐かしく思います。
我が家は、敢えて無いようにしてあります。
それは、その時は、手入れが嫌だったからです。
私は、今後の楽しみは、我が家の小さな小さな土の部分を有効活用するガーデニングでしょう(笑)
それでも、我が家にも、ある時気づいたら、オレンジ色のやや大きな実のついた木を見つけました。
どこからか、飛んできたのでしょうね。
すみれがあちこち咲いているように、嬉しい発見でした。
畑の玉ねぎって、地方地方で変わっていったってことは、ないですかしらね。違うか・・
以前、桜餅が関東関西で違う話が出たように。
マイルド
2008/04/20 00:42
おはようございます♪
ネギ坊主という一見何気ない題材で、ここまで内容を充実させるとは流石ですね♪^^北原白秋から与謝蕪村を経て松尾芭蕉へと、ほんとにお見事です。お蔭様でコチラの頭も膨らませていただきました。ありがとうございます☆
mikomai
2008/04/20 06:32
百合香さま
野のスミレを、鉢イッパイにして・・っと云うもくろみは、見事に外れました。野のものは野にですね!

マイルドさま
ネギぼうず、畑でコロコロ出来ているのは少なくなりましたね、でも台所で、使いきれなかったネギに花が出てきてしまった・・あれが大きくなれば<ネギぼうず>
生け花にも、紫の大きな観賞用の<ネギぼうず>がありますね。<ネギぼうず>と云う名前は全国区だと思いますが・・・

mikomaiさま
なんですか〜〜褒めすぎと違います???
家の周りの花ばかり・・です。
蝸牛
2008/04/20 20:55
この写真のスミレの立ち姿が好きで・・・苔むしたところにあるものを探しています。一時、見つけたことがあったのです。
改めてとなるとなかなか見つからない(苦笑)
写真にしにくい煩雑なところに移り住んでいるのですよね。
このスミレは、根っこが長くて鉢植えを嫌うようですね。
Tatehiko
2008/04/21 09:53
Tatehikoさま
根っ子が長い・・それで、結構、石の隙間などでも生えているのですね!
庭の目立たない木の陰などに、かなり群生して花を咲かせてくれています。
最初のひと株は、川べりの石の苔を根に生えていたのを、苔ごと持ち帰ってきたのです。
蝸牛
2008/04/21 20:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネギ坊主 夢のまた夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる