夢のまた夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 稲荷寿司、西、東

<<   作成日時 : 2008/03/18 18:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

今年は、3月19日が、旧暦の初午
各地の稲荷神社では、初午祭がおこなわれるところも多いのではないでしょうか。

お稲荷さん、と云えば<稲荷寿司> あげ寿司、コンコン寿司、きつね寿司など呼び方もさまざま、信太(しのだ)寿司と云う呼び方は・・<信太の森の恨み葛の葉>・・の狐のお話から。

画像


関東では、あげを、甘辛く煮て、酢飯を詰め、はじをたたみ込んで俵型にしたものが、主流です。  と申しますより・・・そういうものだと、おもっておりました。

東京から岐阜へ嫁いで・・最初に住んだのは飛騨の、下呂。
売っている油揚げが・・なぜか・・・三角形??????
と思って、料理の本などを見ていたら・・・・・
関西の<稲荷寿司>は・・三角・・・あぁ・・そうなんだ!

狐の耳を模して三角なのだとも聞きました。
画像


関東で作っていた俵形が、しっかり包んでしまうに比して、
三角稲荷は、包まずに下は開いてすし飯が見えている。

嫁ぎ先の家で作っていたのは・・四角で俵型なのに、下が開いている。
どうやら・・・関東・関西の中間形・・

ところ変われば、品変わるとか・・・ここにも食文化の違いがありました。

ちなみに・・太巻きと稲荷寿司の詰め合わせを<助六寿司>と申しますが、
画像


歌舞伎一八番の「助六由縁江戸桜」・・・助六さんの恋人が花魁の<揚巻>だったところから、揚げ寿司・巻き寿司で<揚げ巻きの助六>の洒落、から付けられたもの、だそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
食文化と言うのですか・・・イナリ寿司、私も三角のものに慣れ親しんで来ましたが、最近お店で買ってくることが増えて、俵状のものや四角いものやら・・・。
季節感ならぬ地域の境目がなくなってしまいました。
Tatehiko
2008/03/18 18:54
私は宮崎県出身ですが 宮崎では三角です。大阪に来て四角のいなりずしを見ました。しっかり包めるので こちらの方がいいと思いましたわ。でも おっしゃるとおり 四角でもご飯は見えています。ごはんがたくさん入れてあるということですね。完全に包んでしまおうと思ったら ご飯をたくさん入れられませんもの。
あさがお
2008/03/18 19:08
稲荷寿司の形は三角です。
正方形の寿司アゲを対角線に切り、開いて三角にして寿司飯を詰めます。アゲの先は折り込みますが…?
裏返しにして詰めることもありますよ。
四角にするには寿司アゲの形は長方形なのかしら(・・?
百合香
2008/03/18 20:53
Tatehikoさま
スーパーなどでは・・どうやら、俵型が主流のようですね!全国チェーンで展開するお店も多くなって
それでだんだんと、その地域ならでは・・と云うものが少なくなって行く・・・ちょっと寂しいですね!


あさがおさま
やはり、三角でしたか〜〜〜西の方は、両方あるようですが・・関東では、三角はまず見かけませんね。
五目稲荷も、関西の方が主流のようですね!


百合香さま
岐阜近辺では、正方形を縦に半分に切って、四角い稲荷寿司です。
東京では、長方形を二つに切って、正方形の半分ほどに酢飯を詰めて、たたみ込みます。
蝸牛
2008/03/19 00:30
人生上、四角稲荷がほとんどでしたが、確かに三角もあります。
三角は閉じなくていいのですね。
楽だな〜(笑)
そう言えば一昨日スーパーでお稲荷さんがいつもより目立って置いてありました。
なるほどです。
三色稲荷で黒糖で煮たのと砂糖で煮たのと、後もう一種類の味付けだったんですけど。
買って食べたのに分かりませんでしたσ(^-^;)
結構、暦はあちらこちらに見られるもんですね〜。
マイルド
2008/03/19 21:18
マイルドさま
いらっしゃいませ〜(^O^)/
三色って・・お揚げの味付けが違うんだ・・
鮓飯が、三種類ってのは見たことありますが・・・
具がいろいろはいっていて・・・

昨夜は、酒の肴に<オカラの煮たのを油揚げに詰め>ました。お稲荷さんの原型とか。
蝸牛
2008/03/20 08:47
蝸牛殿、
京都でも近年、いなり寿司は三角型と俵型の両方が売られています。
昔、ワイキキで日系のおばちゃんがいなり寿司を3個パックにして”Sushi”と言って街頭で売っていたそうです。 これがすごく売れて、今やこの親族はハワイ一の
食料品会社を経営しているそうです。
ハワイではすしの原点はいなり寿司だったのでしょうね。 
ハワイの友人のお母様(故人)からの受け売りです。
impression
2008/03/20 10:46
impressionさま
どうやら・・俵型が一般的になりつつあるようですね!
関東では、三角と云うのはまず見かけません。
お揚げにご飯、ハワイでも親しみやすい取り合わせだったのでしょうね。おもしろいお話、ありがとうございます。
蝸牛
2008/03/21 07:25
こんにちは♪
稲荷寿司を自分で作ったことがなかったので、アゲにも東西の違いがあるとは知りませんでした♪^^こうしてみると、食文化の東西の違いは、まだまだ沢山ありそうですね☆
mikomai
2008/03/21 17:53
mikomaiさま
そうですね・・結構いろいろ・・
最近は・・・なんでもどこでも有るようになって・・地方色が薄れつつありますけどね・・
こちらへ来た当時は・・納豆なども、あまりなかったですよ・・今はどこでも買えますけれど・・
蝸牛
2008/03/21 18:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
稲荷寿司、西、東 夢のまた夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる