夢のまた夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜桜

<<   作成日時 : 2008/03/28 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

「清水へ祇園をよぎる桜月夜 こよい逢う人みなうつくしき」 与謝野晶子
夜桜と云うのは・・・不思議なほど妖艶な美しさです。
画像


今年は早々と・・桜が満開となりました。
小さな桜の木でも・・夜の明かりに照らされて・・昼間とはまるで違う桜のようです。

今頃は、京都の清水寺から丸山公園のあたり・・花灯籠が並んで、夜桜を美しく照らしているのではないでしょうか。

「願わくは 花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月のころ」
生涯、桜の花を賞でた、西行法師は 大阪の弘川寺で1190年2月16日 73歳で没した。
望んだとうり・・旧暦2月の桜の咲く季節、満月のころであったといいます。
画像

今年は、様々な花が一気に咲いてしまったようです。
レンギョウの花も
画像


水仙の花も・・
画像


そして・・花橘の花が・・・「五月待つ、はなたちばの香をかげば昔の人の袖の香ぞする」(古今和歌集・詠み人知らず)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
桜も夜と昼とでは 全く感じがちがいますよね。どちらも好きです。去年は花見で おいしいごちそうを たくさん頂きましたが 今年はどこからもお誘いがありません。早く誘ってくれないと花が散ってしまうわ。
あさがお
2008/03/29 15:39
昨年か一昨年の桜の季節にヘリコプターからの花見中継をしていましたが、一般の人がチャーターするには遊覧飛行を行っている会社にヘリコプターの余裕がないでしょうね。
 前もって予約していても開花時期が外れれば、楽しみも半減しますしキャンセルしても半金程度支払わなければなりません。
 とても高く付く「道楽」になってしまいますね。
でも 一度はしてみたい。
ひこうちゅうねん
2008/03/29 23:46
今年は、春がゴムパチンコの玉みたいに、
グッと力ためといて、一気にわーっときたみたいです。
こちらもあっというまにサクラ満開、
あちこちのお庭も、色とりどりになりました。
遅いのは我が家のチューリップだけ…。
やっぱ「ぬし」に似るらいですわ…はよ咲かんかいな。
とんぼ
2008/03/30 15:29
あさがおさま
今年は桜が長く楽しめそうですね・・「花冷え」で急に寒くなって、桜も震えているようです。

ひこうちゅうねんさま
お空の上から、桜見物なんて・・憧れますね!
きっとピンクの雲の上・・って


とんぼさま
いろんな花が、一気に咲きましたね。
でも。。今日は花冷え・・寒くなって・・咲きかけの蕾が、<ちょっと待った>って思っているかも。
蝸牛
2008/03/30 21:57
蝸牛さん、毎年 桜の季節は「黄砂の季節」なので 雨上がり直後に雲が消えてからっと晴れ渡れば(黄砂が来る前)黄色くなる前の桜を見ることが出来るでしょうね。
 まだ、そんな条件に恵まれたことはありません。
ひこうちゅうねん
2008/03/31 11:38
こんにちは♪
夜桜を中心に、花の揃い踏みですね♪^^西行法師の「願わくは・・・望月のころ」は、有名ですよね。たしか福岡藩祖の黒田如水にも、同じような話が伝わっていたと思います。世に傑出した人物には、判るようですね☆
mikomai
2008/04/02 17:21
ひこうちゅうねんさま
川沿いの桜の列を空から見る・・って憧れますね!

mikomaiさま
西行の愛した桜が、西行桜と称して各地にあるようですね! 桜の種類もいろいろあるようで、去年<黄桜>を始めてみて、感動しましたよ。
蝸牛
2008/04/04 22:50
西行桜で好きなのは京都西京区の勝持寺ですね。
細い幹と枝が優雅な桜風景をつくっています。
円山公園のしだれ桜も昔と比べると衰えた感じが
否めません。寂しいですね。
探索する人
2008/04/05 16:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
夜桜 夢のまた夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる