夢のまた夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄、稲嶺ガラス

<<   作成日時 : 2007/12/04 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

お気に入りのガラスの中鉢、沖縄の泡ガラス・・・ガラスっぽくないのが気に入って。
画像

現代の名工・・稲嶺盛吉のガラス器

はじめは、稲嶺盛吉の名前も知らず、この器を見た時に、<菜の花のおひたしを乗せたら似合いそう>っとおもった。  なぜそんな風に思ったのか・・解らなかったけれど・・・・・
しばらくしてから、気が付いた<春の雪解けの大地の色だ>と

http://kana-miyako.com/art-inamine.html

画像


ロックグラスは・・海の底だとおもった。
このグラスは・・・もっぱら蕎麦猪口として使っている。

画像


白い平皿は・・・・チーズでも乗せて・・

沖縄の泡ガラスは・・・もともとは、空きビンなどの廃材を再生したものだといいます。
そのせいか、クリスタルのような輝きはありません、値段も比較的安価です。
そして何よりガラス器であるのも関わらず、作り手の暖かさが伝わって来るような、柔らかな感触が 気に入っているのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
蝸牛殿、
おはよう御座います。
恥ずかしながら、この方の御名前もガラスのことも初めて知りました。
再利用したガラスで制作されていると知り、また暖かみのある作品だなぁと感心しています。
impression
2007/12/05 09:02
ガラス器も蝸牛さんらしい好み◎
ガラスの中の、無数の泡、厚みある手触り…
好きになるの分かります(^^♪
百合香
2007/12/05 11:45
最後の写真のガラス皿が 好きです。こういうの 知りませんでした。いいものを見せていただき ありがとうございました〜。
あさがお
2007/12/05 19:07
impressionnさま
私とて・・この器に出会うまでは、存じませんでした。
そんな、方の作品だなどと知らずに買った次第にて・・


百合香さま
はい!ガラスというより陶器っぽい感触で・・・

あさがおさま
これが一番ガラスらしいですかね・・・白がさわやかな器です。

ここしばらく・・稲嶺ガラスを目にする機会がありません・・手に入らないと思うと、よけいに大切にしなければと…思います。
蝸牛
2007/12/06 10:13
新婚旅行が沖縄でして、初めて「沖縄のガラス」に出会いました。なんともほっこりとする形や色に、とても心ひかれたのに、若かったんですかねぇ「器」よりアクセサリーに目が行きまして…。それも結局なくしてしまったんです!
この厚み、この色ねいいですねぇ。
とんぼ
2007/12/06 23:48
蝸牛さんへ
12月にはいって元の職場の仲間との会合が重なり、ご無沙汰してしまいました。このガラス器素適ですね。陶磁器とはまた違った味わいがありますね。ガラス器のことは全く知らなかったので勉強させてもらいました。
ひょうすけ
2007/12/10 13:21
とんぼさま
沖縄へ新婚旅行でしたか・・・きっとアクセサリーも温かみのあるものだったのではないでしょうか〜〜

ひょうすけさま
あまりクリスタルのようなガラスは好きではなくて・・
ガラスの器はあまり持っていないのですが、この沖縄の泡ガラスは、惹かれました。
蝸牛
2007/12/12 01:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄、稲嶺ガラス 夢のまた夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる