夢のまた夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 栗より旨い十三里

<<   作成日時 : 2007/09/30 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

「栗より旨い十三里」と言うのは、東京でしか言わないのでしょうか?
十三里というのは、サツマイモのこと・・・
<栗>を<九里>とかけて、お江戸から、十三里、川越がサツマイモの産地だったことから、こう云うようになったそうです。
画像
岐阜高富は<利平栗>の産地、栗畑がたくさんあります。春先の栗の花の咲く時期は・・
些か辛いものがありますが・・・・この季節になると、大きなイガ栗があちこち・・・
時には、道路まで転がり出ています。
道端で…一袋500円なり・・・・スーパーなどの半額でしょうか?
ただ・・今年は、天候の加減で、粒が小さいとのことでした。

さて、この栗
今年は・・どうしましょう・・・・・丁寧に皮をむいて・・・まずは栗ごはん。
ブランデーで煮て、マロングラッセ・・・・

岐阜は今日は雨の日曜日、急に気温も下がって、秋も深まったという気配。
雨の日に、こんな写真集をみつけました。
画像

『あめん法師』げんげんげんき げんきに濡れよ
写真、佐藤秀明  詩、夢枕獏

「雨は人を楽しませもすれば、いたずらもする。
 まるで子供みたいに。あめん法師のようにね」っと 獏さん

優しさにあふれた8篇の詩の写真集、
画像

濡れたって いいさ、 濡れたって おもしろい
あめの日の遊びは  濡れるから  たのしい

画像

見えたよ 虹だ  カミサマのやくそく
太陽に背を向けないと  見えない  希望

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
栗、この前ジサマが「栗ご飯」を持ってきてくれました。ほんと、マメなひとですー。栗を見ると「世の人の見つけぬ花や軒の栗」の句を思い出します。めだたなかろうと、ジミだろうと、秋になるとこんなにすばらしい「実り」をみせてくれる…、ありがたいですね。私は何かに入れるとかきんとんにするとかより、そのまんまが一番好きです。ちょっと粉っぽいけど、一生懸命むきむきしながら、口にぽいっと入れる、秋の味ですね。
とんぼ
2007/10/02 21:35
とんぼさま
焼くか茹でるのが、いちばん美味しいですね!
皮をむきながら…蟹と一緒で、寡黙になる・・
栗の実が色づいているそばで、オーシン・ツクツク・・・変な気候です。
蝸牛
2007/10/03 07:52
蝸牛さんへ
栗の木我が家にもあるのですが、虫にやられて実ができませんでした。サツマイモのほうが上手いと言うことで栗より上手い十三里半、落語では半がついていましたよ。栗の写真で秋を実感しました。
ひょうすけ
2007/10/04 22:26
ひょうすけさま
十三里半・・でしたっけ('_')
今年は、夏の前半、雨が少なくいつもより小ぶりなんだそうです。道で拾ったイガには、一個しか入っていませんでした。
かぎゅう
2007/10/05 06:20
栗より旨い十三里
栗もサツマイモも加熱して旨い物は、生で食べても美味しいです。
学生時代の下宿生活の時、ガスコンロのLPガスが買えなくて煮炊きできなかった時 米・栗・さつまいも・ごぼうを生で食べてみました。
栗とサツマイモは生でも甘く 噛めば噛むほど甘みが増してきます。
 米もそれなりに甘くはなりますが。
ゴボウは笹がきにしてキンピラにするように水でアク抜きを何回も重ねてから、食べました。
 それなりに美味しいですが、ゴボウの風味ゆたかだけ。
 線維豊富、便秘にはいいですよ でもキンピラゴボウにした方がたくさん食べられます。
 でも加熱できないのでキンピラゴボウにならない。
ひこうちゅうねん
2007/10/07 10:05
ひこうちゅうねんさま
生ですか・・・夫も若いころ生で食べたと言っていましたが・・顎が鍛えられそうですね。
ごぼうは特に・・きんぴらで食べたいです〜〜〜
蝸牛
2007/10/07 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
栗より旨い十三里 夢のまた夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる