夢のまた夢

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ一周年

<<   作成日時 : 2006/11/04 08:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

続くだろうかと懸念しつつ、ブログを開始してから、はやいもので今日で丁度一年が経ちました。そうそうこんな事あったっけと、改めて見直しました。

で、国府宮のつづきです。
画像

国府宮神社の「一の鳥居」 此処まで来る人はいないようですが・・
神社からここまで、おおよそ一キロでしょうか、
はるか彼方の楼門まで、広い幹線道路を越え、まっすぐ参道が伸びています。
そして、道路にかかる歩道橋も階段をつけず、太鼓橋のイメージで作ってあるようです。
画像

歩道橋をこえて、「二の鳥居」にいたります。此処からは境内、白砂を敷き詰めた参道となりと、第三の木の鳥居から、太鼓橋をへて、楼門へたどり着く。
画像

かっては、どれだけの広さをしめていたのでしょう。一の鳥居から二の鳥居までは、一般道として使われていますが、道路わきには灯篭も並び、参道としてのかたちを残しています。
周囲まで散策して、再認識した次第です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
画像と説明を通して、「国府宮」の規模の大きさ、歴史などがよく分かりました。
稲沢市に鎮座するといっても、大都市名古屋に隣接しているわけですから、名古屋の人口2,223,117人
を抱えています。
対するに、当地香川県全体でも、その人口が わずかに1,009,328人 に過ぎないのですから、規模の違いはどうしようもなく、また格式を維持してゆくにつけての大変さもしかたないこととよく分かりました。
ganzy
2006/11/05 09:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログ一周年 夢のまた夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる