夢のまた夢

アクセスカウンタ

zoom RSS 駄菓子屋

<<   作成日時 : 2006/10/10 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
昔懐かしい 駄菓子屋を再現したお店
近頃は、アウトレットの中にこんなお店ができています。

子どもの頃、鉛筆消しゴムを買うのも こんなお店でした。
文房具から、紅白鉢巻・帽子、そうそう運動会の時は、地下足袋なんぞ履いた記憶もある。
夏になれば、カキ氷、冬は熱い甘酒が・・・
なんでも、揃う便利な「よろず屋」

遊びに行くような、お買い物・・10円あれば、けっこう色々買えた物です。
子どもが最初に自分でお小遣いを使うお店、
お店のおじちゃん・おばちゃんに知らずしらず社会ルールを教わっていった。
いつも子ども達が、集まっていた。
今はさしずめ、コンビニでしょうか?
コンビニとはまた、ひと味ちがうお店でした。ちょっと妖しげな空気もあった。
毎日が、縁日の夜店・・・

小学校の裏手にあった、あのお店、今はどうなったことやら・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
蝸牛様:
よく話題に出る「駄菓子屋さん」なのですが、私にはあまり強烈な思い出がないのです。

なぜなのか?と考えてみたのですが、駄菓子屋さんを利用できるほどの余裕がなかったのではないかと思うのです。
私の生まれた1937年の人が平均身長が一番低いのだそうです。ということは、いちばん恵まれていない中で育っていったのだと思います。
それが駄菓子屋との縁の薄さなのではないでしょうか。
ganzy
2006/10/10 19:31
戦中戦後の物の無い時代だったのですね、、
私の一回り上の長兄より、すこし年長でいらっしゃる
ちょうど、駄菓子や空白期ってところでしょうか?
蝸牛
2006/10/12 07:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
駄菓子屋 夢のまた夢/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる