夢のまた夢、介護食 迷々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 空たかく

<<   作成日時 : 2006/09/27 13:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
一雨ごとに、秋の気配が色濃くなって、
抜けるような青空に、西風に吹き晒されて流れる雲が様々にその表情を変えて、流れてゆきます。
空の美しい季節です。
真っ青なキャンバスに、雲の絵の具、そして、想像力と云う絵筆で・・・・・・
今日は何が見えてくるでしょうか? 
雲まかせ、風まかせ、心を雲に遊ばせて風の唄を聞きましょう。
あれは、雉鳩の縄張り宣言の声でしょうか・・・・クゥ・クッククゥ・・・・
時には、突然嵐のような風が吹き過ぎます。

「吹くからに 秋の草木のしをるれば むべ山風を嵐といふらむ」
百人一首・文屋康秀(古今集)

地上では、秋草が咲き、栗の実・柿の実、・・・・秋の実りの季節です。
山の動物達も、冬に備えて活発に動く季節でもあります。
今年は例年にもまして、里へ降りて来る動物達のニュースが多く聞かれます。
農園と動物達との、攻防が繰り広げられています。
山の実りが少ないのでしょうか?人間が彼らの生活圏を脅かした結果なのでしょう!
また一つ、岐阜では、徳山ダムの完成で、美しい里山が水底に沈みつつあります。
人は、自然を傷つけずに生きてゆくことは出来ないのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
徳山ダムのニュースはテレビで知りました。
それほど巨大なダムでなくても、流域の環境は大変化を遂げます。
私が泳ぎを覚えた場所は、疎開先であった:
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&q=%E9%A6%99%E5%B7%9D%E9%83%A1%E5%A1%A9%E6%B1%9F%E7%94%BA&ie=UTF8&z=16&ll=34.178506,134.07393&spn=0.012249,0.021179&om=1
上の地図の中央部、塩江街道と川(香東川)が交わっている地点でした。90度近くの角度で川の流れが変わっているために深い渕になっていて、高い橋の上から飛び込める状況でした。
今は、この橋の上から跳びこめば、頚椎骨折で即死でしょう。
上流に内場ダムが建設されたからです。
自然と人間の暮らし、難しいです。
人間は怠け者になってしまったのでしょうね。
ganzy
2006/09/27 16:16
山も川も人が手を入れすぎると、壊れてしまうのですね。
自然を支配する事など出来るはずも無いのに、便利さばかりを求めて、大切な物を失って、それでもまだ走り続けて・・・
蝸牛
2006/09/29 06:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
空たかく 夢のまた夢、介護食 迷々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる